« This is 沙漠ツアー ダイ! その① 洗濯機は幸運なのだ | トップページ | This is 沙漠ツアー ダイ! その② 田主丸の男の活用法 »

仲間じゃないか ふたりの誠

きょうは沙漠ツアーのこと書きません。方針はすぐ変わる。ええっとですね、われわれは臨機応変であります。

仲間じゃないか。大好きな言葉です。椎名 誠さんの口癖だったとか。わたしカヌーの団体にも参加しています。椎名さんは勝手に師匠筋でもあるのです。

緑の応援団の役員会は年に8回ぐらいあります。イベントにも参加しますし、そうですね、役員同士は結構な回数で顔を合わせることになります。これが楽しくてたまらない。いや、作業がしんどかったりとか、賛同金集めでクタクタになる、それでも楽しいのです。

年齢とか職種とかばらばらですが、わたしたちは仲間なんです。共同体幻想かもしれません。しょっちゅう酒飲みするから、それも楽しいんですが。

金銭がからまないからかもしれません。それほどの気づかいもしないでどうでもいいことを熱心に語るだけなのに。

たぶん たぶん、かけがえのない一人ひとりの人生がほんの少しだけ豊になったような気分になるから楽しいのかもしれません。

年末年始年越し派遣村のニュースが続きました。職を失い食事の確保さえままならぬひとびとへ、民間ボランティアが懸命の支援活動をおこなっていました。

その映像を見るたび、わたしの中にある種のもやもやしたものがあったのですが、言葉の連なりとして定着しませんでした。それがようやくつかめそうです。

ああ あのひとりひとりはわたしかもしれないし友人かもしれないしあなたかもしれない。

大半の人が家庭という最小の共同体を離れることを余儀なくされたり、いや共同体づくりさえできなかったかもしれない。

年越し派遣村も共同体の再生であったんだろうな。本当につらい日々。あの場に集ったひとびとは、仲間じゃないか、とおそらく久々にかけがえのない人生のほんの少しばかりの広がりを感じたのではないかな。

年越し派遣村を企画運営した団体の責任者のひとりが、湯浅 誠さん。

21世紀 この国にまばゆいばかりのリーダーが出現しました。

いえいえウチの親方 宮崎団長も なかなかどうして 立派なオジサンです。

いくつか若干の・・・・・・・があるけど。

・何かボランティアみたいなことに興味がある ・人から酒が強いなとよく言われる。

・肉体労働の後の生ビールが大好きだ。 ・年上年下の友人が欲しい。

・報酬なんかいらない。(実際でません) ・ひとりで飲むより大勢の酒がうまい。

・妻に外出する言い訳の会合があれば。 ・地球環境に役立ちたい。

ひとつでも該当することがあれば、あなたは緑の応援団の役員になれます。

P1000319     昨年のまちづくり新年会 仲間じゃないか 団長ケータイ中    

|

« This is 沙漠ツアー ダイ! その① 洗濯機は幸運なのだ | トップページ | This is 沙漠ツアー ダイ! その② 田主丸の男の活用法 »

事務局2の遊びやせん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仲間じゃないか ふたりの誠:

« This is 沙漠ツアー ダイ! その① 洗濯機は幸運なのだ | トップページ | This is 沙漠ツアー ダイ! その② 田主丸の男の活用法 »