« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

ううっ 設立総会のために午後から仕事さぼりました

次の仕事のお客様に会わないといけない、と現場で嘘をつき書類と格闘しています。それはまだ本当に若かった頃、締め切りを迎えないとエンジンがかからない性分は、ホトホトチェインジできないものであります。

当時は手書き。サークルの『壇』という紀伊国屋天神店でも販売していた文集の締め切りを何度破ったことか。しかし大体一晩に原稿用紙30枚ぐらい書きましたね。追い詰められないとなかなか力が発揮できないのです。

でですね、本日はナントカまにあいました。

いやあ、やった、やった、無事速やかに設立総会が終了すれば、酒が飲める酒が飲めるぞ。わたしと中野事務局長が事務局になって、やーれ沙漠緑化の主催団体になるぞ、そーれNPO法人になるぞ、団長の大躍進運動のラッパは吹きっぱなしであります。

はあ。

めぐり合わせなんでしょう。われわれが事務局のとき、イケイケドンドン緑の応援団。まあ 報酬がでないからやれることであります。もし報酬があったらその金額に見合うだけの仕事量とは、どのくらいなのか悩むことになるでしょう。大好きな人たちと腹いっぱい酒が飲める、わたしの人生に色取りとなり、十分に幸せであります。

鉄道建設作業隊みたいなもんで、歳とって緑の応援団が事故なく運営されるのをながめる機会があったら、ああ、30代前半の大変な美人たちとのオツキアイを振り切ってまで、レール施設に打ち込んだ甲斐があったワイ、などとしみじみ回顧するのでありましょうか。

バンザイ 緑の応援団が好きでよかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日はNPO法人設立総会

1992年。最初のひとりが内モンゴル自治区のクブチ沙漠恩格貝にたどり着きました。17年の歳月の積み重ねがあります。

田主丸町緑の応援団として現在の団ができてからでも、10年以上の蓄積ができました。そして沙漠緑化派遣の主催団体になってから、5年目の夏を迎えます。いろいろなことがありました。故林副団長の突然の逝去は、わたしたちを深い喪失感の日々に突き落としました。

この数年は、サポートしてくださる団体企業個人の皆様のご支援で青少年を一定数派遣できるようになりました。ありがとうございます。

継続は力なり。そのためには持続する志をたしかめながら、団員の皆様・地域の方々・行政との協働、さまざまなことに心配りしながら今日まで前進してきました。

ファイトしてきた仲間がいっぱい。人生はしんどいことが山ほどある、でも仲間がいる。人生は楽しい、そうするためにはささやかながらも人のために何かをすること、何かをすることに集う仲間がいる。十分幸せ。

わたしたちがどう評価されているか、ほんとはよくわかりません。でも少なくとも地球環境へ植木苗木のまちから市民としてのこの取り組みは、仲間と出会って楽しい、人生の幅が広がったことが楽しい、それらをエネルギーとしてエンジンとして進めています。

わたしたちの前には課題が山積しています。それを突破していく第一歩がNPO法人化であります。お金はないけど仲間がいる。応援してくださる方がいる。

なんだかとてもいい気分です。

ううっ。ワタクシメ。まだ明日への文書ができあがっていない。ううっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

告示 NPO設立総会

田主丸町緑の応援団はNPO法人設立総会を下記の日時に開催します。昨年6月の総会で法人化の方針は承認されました。そこで現役員を設立発起人として法人を立ち上げ、現団員の皆様全員に参加確認の同意書で社員となるか意思を問い、了解された方は法人社員となります。

現在の任意団体たる緑の応援団のすべての資産負債はすべて法人へ移行することになります。実際の法人認可法人登録は8月になると見込まれますので、現団体としての最後の年度総会になる、6月総会で詳細な説明、最終的な承認を皆様に求めます。

現団員の皆様全員の社員参加を心からお願い申し上げます。

田主丸町緑の応援団団長 宮崎 吉裕

設立総会

2009年 2月25日 午後7時 久留米市田主丸町総合支所西別館2階

田主丸勤労者協議会会議室

というわけであります。肩書きなんか、NPO田主丸町緑の応援団代表理事団長 宮崎 吉裕となるわけです。

でも人格が変わるわけではないし、飲んで前川清を歌うことに変わりはアリマセン。理事長。ふうむ。何か偉そうです。でも給料は出ません。交際費もアリマセン。まあ金銭的に得るものはない、だから偉いのでありますが。

いや待てよ。クーデターが起きたりして。宮崎団長の支持率は麻生さんなみだ。コレでは来年からの活動ができない。中川前財相よりひどいアル中だ。このさい若手を抜擢しよう。なんてことは起きません。

緑の応援団の団長はサル山のボスザル程度かもしれません。しかしわたしたちのボスは最先頭で戦うし、誰からもボスとして認められています。戦うボスの下にいるわたしたちも安心してこのヤマを維持できるのです。

NPO法人化はわたしたちが世間一般にイッパシと認めてもらう第一歩なのであります。

全力傾注。

でも まだ 設立総会用の文書が出来上がっていない トホホ わたし 誰か助けてえ!

やると思えばどこまでやるさ それが男の魂じゃないか ああ 村田先生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1に乗ったことがあります

モータースポーツ、その最高峰F1に興味のない方にはどうでもいい話ですが。

1990年第15戦鈴鹿サーキットでの日本グランプリ。マクラーレンホンダのアイルトン・セナとフェラーリのアラン・プロストがチャンピオンシップを激しく争っていました。スタート直後1コーナーで両者接触クラッシュ。結果的にセナが2度目のワールドチャンピオンとなります。そのレースで優勝したのは、ベネトンB190フォードのネルソン・ピケでした。

大分県と熊本県の県境にオートポリスというサーキットがあります。いやはやバブリーな時代の産物です。倒産する前のそこのミュージアムにベネトンB190フォードがガードマン付きで展示してありました。ぼくが本当に若かった頃、そのミュージアムに現在の第一夫人ではない複数のお嬢さんと出かけては、たった一度でいいからあのコクピットにすわりたいと思っていました。

頑健な肉体のガードマン このお嬢さんに乗ることより あのF1に乗ることははるかにむずかしいのだろうと あきらめていました。

時は流れサーキットの運営会社は倒産し、あのB190はどうなったのか、興味の対象から離れてしまいました。大山町(現在は日田市)で筑後川フェスティバルが開催され、水澄しの会にも案内がありましたので、故中村会長・現行徳会長・わたしで参加しました。日本淡水魚の敵ブラックバスのエノキ添えのアルミホイル巻き焼はおいしゅうございました。

なにげに運動会のテント乱立のような展示場を歩いていると、オオッーあのB190が置いてあるではないか。周囲にはロープが張ってあるけれど。なつかしいのう。ええーっと、誰と誰かな、一緒に見に行った女の子は。ああ あのコクピットにすわりたい。しかし会場スタッフが目を光らせている。今度もダメか。あきらめなくちゃならないのか。

人間は己の欲望を理性でコントロールします。わたしもそのときはそうでした。しかし 3人で酒を飲みました。時効ですね。上記3人のうち誰かが、アルコールを体内に不法所持したまま大山から運転したのでしょう。

さて夜の帳が落ち、乗りたい気持ちはいよいよ高まり、B190のところへ再度行くと アレッ だーれもいません。

天はわれわれに味方した。

至福のひととき。

ステアリングもエンジンもギアボックスもシフトレバーも取っ払われていたけど、われわれは交互にF1のコクピットに身を沈めました。ああ。ああ。なんなんだ、この泣きたくなるような感動は。われわれカヌー屋はスラローム用のカヌーに乗る時とチョト似ている感じはしたんですが。

ああ。最高だ。ぼくはF1だ。目をつむるとレッドシグナルの点滅、かん高いエンジン音が聞こえてくる。

ええーと 特にオチはありません。

重大な訂正をいたします。JR九州旅行の久野さん経由で日本沙漠緑化実践協会からの訂正メールを掲載します。遠山先生の放映に関することです。

各位
いつもお世話になっております。
先日お知らせしましたNHK総合TVでの放映の件ですが
大変申し訳ないことに、開始時間を午後10時05分とご案内致しましたが、正しくは午前10時05分です。
大変お手数をお掛けいたしますが、ほかの方々にもよろしくお伝えくださいますようお願い申し上げます。
放映日 2月21日(土) NHK総合TV
時間  午前10時05分から約63分くらい
以上よろしくお願いいたします。日本沙漠緑化実践協会 柴崎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アル中  

本日は緑の応援団に関係アリマセン。と思うのですが。

アルコール中毒の中川財務兼金融担当大臣が辞表を首相に提出したと報道がありました。

ふうむ。あの映像はまずかったですね。薬物(風邪薬)の影響と弁明されていましたが、あれ、酩酊状態ですな。ときどき深酒飲吉と化すわたしの同類の目をごまかすことはできない。絶対に酩酊しています。ただし酒量は少なかった可能性があります。

もう何十年も飲み続けて、肉体や脳がボロボロでわずかの酒でも自己管理ができない状況にあった、とわたしは推測します。本来農政族で、財務や金融など不得意な分野で№2閣僚を命じられて、ストレスが大きかったのでしょう。だから酒に走る。

飲まずにはいられない。アル中です。

報道によれば、大臣室のキャビネットにウイスキーが常時あり、ネクタイも秘書に結んでもらって国会へ行くとか。終わっていた人だったんですね。

人の悪口ばっかり言うな。おまえはどうなんだ。と来ますか。

わたしは月のうち半分以上は肉体労働で、先祖代々強靭な肝臓を持つ家系であります。先日の役員会。生ビール一杯。冷酒3合。濃い目の焼酎水割り6杯。一時過ぎに帰還して、5時半起床。特に普通と変わりなく仕事しました。

酒飲みはこうでなくちゃ。

わたしというかわたしたちの酒飲みは仲間と飲む楽しい酒であります。金銭関係や取引関係とは無縁の、ストレスを消滅させていく酒です。ああ田主丸に生まれてよかったわい、ああ田主丸に帰って来てよかったわい、そんな酒であります。

中川大臣。能力を超えた仕事から解放されて緩んでいると思います。

一杯飲むでしょう。

しかし、その後任。

与謝野財務経済財政金融担当大臣。長い職名。病み上がりで 君死にたまふことなかれ。

今日の一曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

役員会の報告&遠山先生

風が吹き荒れ雨は横走り、事前の欠席通知もあり出席者が少ない役員会でした。水澄しの会の行徳会長も含め6人でミュージカル『巨峰物語』の支援対応を協議しました。

団長以下副団長事務局で相当数のチケット販売を引き受けました。ミュージカル実行委員会からの要請は、緑の応援団・水澄しの会併せて210枚です。役員は一定数引き受けてもらいます。そして団員の皆様の購入も強く希望します。

過日書き込みましたように、協働作業の実践であり田主丸エリアで緑の応援団が更なる前進するために、我がこととしてこのことを進めます。よろしくおねがいします。

NPO法人化の作業と学習(基本的な実務知識)、事務局から提案説明しました。現役員などを発起人として設立総会を今月実施します。7月から8月に法人格取得の流れになります。

そのあと。そのあとですか。ははあ。行ったかと聞かれれば、行きましたと答えます。居酒屋さんでわたしと副団長は、八女の繁桝、冷酒でいただきました。おいしゅうございました。ガブガブ飲みました。

それから近くのラウンジ「華みずき」に行きました。団長が前川清 のところです。ぼくは歌わんけ、といっていた副団長も歌いました。楽しかったです。飲みすぎました。

お店から沙漠緑化の賛助金をいただきました。ありがとうございます。

日本沙漠緑化実践協会からJR九州旅行の久野さんにメールが届きました。転載します。生前の遠山先生の映像が見られるそうです。団員の方、アクセスいただく方、ぜひご覧になってください。

JR九州 久野
各位
平素より日本沙漠緑化実践協会へのご支援御協力ありがとうございます。
NHKより先日連絡がありまして、1992年放映されました「プライムテン」の番組と2002年放映の「緑の長城を築け」をもとにしてのアーカイブ特集として下記日にちで再放送されることになりました。
故遠山正瑛初代会長のお姿、お声をもう一度胸に刻んで協会としても更なる沙漠緑化に邁進したく思っておりますので、どうぞお逃しなくご覧くださいますようご案内申し上げます。なお知人友人の方々にもお知らせいただけましたら幸甚でございます。
 
               日本沙漠緑化実践協会 事務局 柴崎
 
 放映日 2月21日(土) 午後10時05分より80分(最後の17分くらいは京舞の井上八千代さん関係)
 出演  女優の萩尾みどりさん、落語家の林家いっ平さん
 協会から山口達雄常任理事が応対しています。
沙漠のためなら 女房も泣かす それがどうした 文句があるか
わたし歌いましたね。われわれの活動を支えていただいている第一夫人の皆様 ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒れる天気

JR久大線ちょうど田主丸エリアで不通になりました。筑後草野から筑後吉井間、まんま田主丸エリアです。吹き荒れた春一番、田主丸あたりは特に強かったようです。

本日は役員会です。ミュージカル『巨峰物語』の支援方法を詳細につめます。  そうむずかしい話ではないのです。○○枚チケットを売り切ればよいのですから。手作りカヌー工房楽生水澄しの会の行徳会長も交えての対策会議です。

団員の方には、緑の応援団通信を来週発送しますので、趣旨をご理解の上ぜひご協力ください。このブログにお出でいただく方もよろしくお願いいたします。

再掲します。Fax 0943-73-3446 または midorinoouendan@nifmail.jp

でですね。役員会終了後、飲むでしょうか。飲みますよね。本日の天候のように荒れる心配はないと思いますが。

本日の一曲はコレ。ううっ!美樹ちゃーーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

耳納のお山がかすんで見えた

朝倉の山も耳納のお山もぼんやりとしたまま、うーむ、黄砂襲来でありましょうか。わたしんところの従業員いわく、黄砂が来たんじゃろ。

黄砂 心がチクリチクリ痛むのであります。その派生源は中華人民共和国。まあ普通この国の人々は迷惑千万、かの国にいやな気分になります。

わたし個人は、歴史的にこの国が戦争で大被害を与えたこともあり、直接的に批判はしませんが。さりとて親中国でもアリマセン。

お互い遠ざかることはできない、これからも隣国として付きあっていかなきゃならない。付きあわざるを得ないならば、物騒に構えるよりも言いたいことを言い合い、問題ないことでは仲良くした方がよかろうもん、という認識であります。

初めて北京に降り立ったとき、泣きたくなるほどの感動がありました。

ああついに中国にやってきた。この国なしに日本はなかったし、巨大な龍が眠りから覚めて、胴震いをする様を目の当たりにしたからです。

これから日中関係はどう展開していくでしょうか。政府間の関係はずいぶんと改善されているようですが、わたしたちは身の丈にあったささやかだけれど、市民間の友好的交流として精一杯沙漠緑化を進めていきたいと考えます。

今日の一曲は『アジアの片隅で』 映像悪いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事務局2の事務局2な日

昨夜は仕事を紹介してくれた人とほんのちょっとだけのつもりでありました。

来期水縄小学校のPTA会長になる横溝龍治(タメ故敬称なし)が経営する自称カフェバー『サバイディー』で飲んでいました。カウンター席にはわたしの敬愛する先輩池尻和守さんがいて、巨峰農家である池尻さんとアレコレ『巨峰物語』のことなど話していました。8時前に帰る予定でした。

すると池尻さんの40年来の友人である高倉さん(ブルーベリー)立石さん(造園)が、一升ばかりどこぞで召されてご到着。

こっち来んかい テーブル席でさしつさされつ、返杯の盃は堂々めぐり。アチャー。

第一夫人に科学では解明できない予想だにしなかった状況が出現し、目下その対策に苦慮していると、遅くなるための釈明の電話。店主の横溝も客席に座りもう何が何だかわからない、わたしから突撃したわけではなく、しかし拒みもしなかったけれど。

そして そして ええーとですね わたしたち水縄人は、田主丸の中心部田主丸校区で酒を飲むことを 「下る」 の一言で表します。耳納山地のふもとの住人ですからそう表現します。

くだろうか その場の怪しい雰囲気の中 方針が決定しました。下ったのです。そして飲み歌い踊ったのです。福山雅治の「ひまわり」とか浜田省吾の「イメージの詩」とか。

そして仕上げのラーメン。

ポニョ。

でも12時前には帰り着いたと記憶しています。昨夜は役員会のレジメを作る予定でありました。

人間には個人がどう努力してもそれを上回る宿命的な大いなる意志が働いて、ああ飲みすぎちまったという現象が起きることがあるのです。

本日は5時半に起床し散歩方々車の回収におもむきました。お月様が美しくしみじみしました。

さて今日の一曲はこれであります。わたし 採点つきカラオケで84点。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミュージカル『巨峰物語』を支援します

土曜日の実行委員会で緑の応援団にチケット販売などの協力要請がありました。宮崎団長が、団として応援するしまた実行委員会の運営にいくつかの提案をしました。親方がやると決めたのです。(役員会での承認事項です)やるしかないのです。そこで緊急の役員会を開催します。

2月13日 金曜日 午後7時 田主丸総合支所西別館勤労協Box

なぜミュージカル『巨峰物語』を応援するのか。

わたしたちは内モンゴルの沙漠の植樹屋です。田主丸町内の植樹屋です。田主丸町内のサカナのすめる池づくりの土木屋です。中学生を沙漠に送る派遣屋です。

なぜミュージカル『巨峰物語』を応援するのか。

わたしたちは昨年の総会で活動方針として志を同じくする団体との協働作業を進めることを決定しました。今回はその実践となります。理念の共有から一歩踏み出し、ともに汗を流し達成する喜びを通して、協働作業を具体化していきます。困った仲間がいれば、一肌脱ぐ、田主丸エリアで頼りになる団体へと成長していきたいと思います。

また、田主丸エリアのまちづくり団体連絡協議会『もえもん』の事務局を引き受けました。わたしたちは、単なる事務うけたまり団体ではない、もしイベントの共同開催が闘いに例えられるならば、いつでも先陣を切って突撃する団体でありたい。そのことが他団体の皆様からの信頼の源になるでしょうし、現役員会の一人ひとりの創造的前進にもつながるでしょう。

これまでわたしたちの活動には200万円を超える金額が賛助金として寄せられています。沙漠での植樹だけではなく、まちづくりまちおこし団体としての真価が問われる、今回の支援活動であります。

団長以下打って一丸となり支援します。わたしたちがより充実した責任ある団体として飛躍するためにも総力を挙げて取り組みます。団員の皆様、どうかチケット購入にぜひご協力ください。ご支援の皆様、当ブログにアクセスくださる方わたしたちの思いを諒としてご協力ください。

ミュージカル『巨峰物語』への協力は他団体のためにやるのではありません。わたしたちが前進するためにわたしたちのためにやります。

皆様の絶大なるご支援を心からお願い申し上げます。

チケットの購入連絡は、FAX0943-73-3446 または midorinoouendan@nifmail.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうは『巨峰物語』実行委員会の日です

午後8時から旧中央公民館の会議室であります。緑の応援団からは、宮崎団長・中野事務局長・ワタクシメが出席します。さまざまなことが具体化していると思います。緑の応援団はヤルと決めたらヤルのです。全力で応援します。このページにいらっしゃる皆様もぜひご協力ください。

田主丸がにぎやかになること、そしてそれを企画した人からヘルプがあったら応援する、いつかわたしたちが逆に助力を求めることがあるでしょう。田主丸の仲間ってそういうもんです。

これから公演直前まで何度もお知らせします。

Untitled_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ああ疲れちゃいました

くたくたです。記事はお休みします。

これでも聞いてみんな元気にいきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の予感

仕事の移動中寄り道をしました。車の窓を閉め切っているとぽかぽか暖かい日です。サカナどんはどうしているかとふと思いつき、緑の応援団が取り組んでいる西郷地区の川まで行きました。

近くの畑ではお百姓さんが仮植している梅の木など手入れをされてます。赤いジャンパーのおじさんです。いや、はい、みなさんもうおわかりですね。宮崎団長であります。

秋に植えたネコヤナギの赤茶の芽から十か所ぐらい綿毛が出ています。陽光のかげんで銀色にかがやいています。ここには一足早く春のきざしがありました。

わたしも立派に田主丸のおじさんなんですが、うーん、なんかときめきますね。

できることなら30代前半の大変な美人とモニョモニョ 偶然のモニョモニョ 出会いとか。  な わけないのでありますが。

本日は皆様に田主丸の春の訪れのオスソワケであります。

P1000806 P1000804

西郷地区 サカナのすめる川 の場所です。地図を拡大して竹野局〒の東側セブンイレブンから耳納山地へ向かいます。田んぼの中の大き目の交差点を右折します。

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

役員会の報告②

2009年第14次九州田主丸隊の日程案がJR九州旅行さんから届きました。学生生徒が参加できる、となれば夏休みのあまり遅くならない時期、と条件がつきますのでここのところほぼお盆明け出発が定着しています。

昨年は北京オリンピックのために上海が入出国のベースとなりましたが、本年は例年通りとなります。夜行寝台列車が復活します。日本でもなかなか体験できなくなっていますが、12時間の旅となります。まあ 基本的に快適ですよ。さまざまに語り合い、酒を飲む人は線路のリズミカルな音を聞きながら乙なものです。

本年の日程表はこうなっています。

ダウンロード nittei.xls (35.5K)

出発も到着もいい時間帯じゃないでしょうか。留守部隊の送迎チームもこれならばそうしんどくありません。

さて、ミュージカル『巨峰物語』、会場のそよ風ホールは満席で500席と小規模ですが音響は抜群です。春先の田主丸風景散策かたがたぜひご来町いただきますようお願いいたします。チケットは緑の応援団でも取り扱います。団員の方は事務局の携帯電話へ、一般の方はmidorinoouendan@nifmail.jpまでご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

役員会の報告

財政状況であります。1月末で約500,000円もあります。ウワーォ。本年も例年並みに賛助金を集めれば、中学生(青少年)を6人沙漠に派遣することが可能と判断しました。ただし、西郷の魚のすめる川作りも本格化しますし、NPO法人化の諸経費など考慮すれば、収入の確保が必要です。

また団員向けの通信の回数も増やしますし、一般向けのニュースレターも発行します。そのへんの皆様のご理解よろしくお願いします。

NPO法人化は今月中に取りまとめます。事務局の書類仕事の締め切りを設けました。認可後はそれなりの発会式をします。

2009年の沙漠ツアーの試案がまとまりました。北京からは夜行列車の旅となります。緑の応援団役員会からも二人以上派遣します。日程表は明日ここにアップします。

団長が歌ったのはこの歌です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »