« 明日は西郷区でサカナのすめる川作り作業です | トップページ | 泣けるで »

サカナの子どもたちが泳いでいました

本日の作業出席者

宮崎・福留・中野・刈茅・石橋・野村

草を切りました。残すものは残す、ちょっと人間の勝手な判断で、性質の悪いやつは排除の論理であります。

ドカンを一本埋めました。サカナたちの避難場所兼いっぱいイヤラシイことをしてもらうための場所です。

見たところ、ハヤ系のサカナの稚魚が数十匹ずつ群れを成して泳いでいるのが、5,6か所確認できました。わたしが、何百匹かおるのと主張したところ、会計担当は何千と言いました。ま どっちでもいいけど、相当の数の稚魚がいる、ここのところが大切であります。

緑の応援団が手入れを始めて、2年目ですが、まあウマクいきはじめたとソーカツしときます。

後は、太陽と風と植物群とそこの住人たちが、折り合いをつけて欲しいと思いました。

写真は、手入れ前(橋の南北)、手入れ後(同)、稚魚たちのネットデビューであります。

P1000872

P1000873

P1000880

P1000881

P1000874

P1000878   

|

« 明日は西郷区でサカナのすめる川作り作業です | トップページ | 泣けるで »

西郷 サカナのすめる川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サカナの子どもたちが泳いでいました:

« 明日は西郷区でサカナのすめる川作り作業です | トップページ | 泣けるで »