« お客様 | トップページ | あと二日 »

間に合った

どうも事務局の苦闘の打ち明け話ばかりで恐縮であります。

田主丸流で締め切ったあともご来場の連絡がポツリポツリ。当日やむを得ず欠席される方があると思いますが、ああ 手元の集計では68人になったようであります。

最大の難関、リーフレットもパッチンパッチン綴じて、背中にテープを張ってやるぐらいになりました。昨日もそんなことをしていました。

60人で手配お願いしていたので、理事一同は粗酒粗肴にありつけんのかなあ、そんなこともチラリとよぎりました。

まあ、この程度の対応能力でイベントなどやるのは実に大変だなとしみじみ感じました。わたしももう最後でしょう、切り回すのは。

他人様が作った企画書をああでもないこうでもない、とチェックをかける方に回ることになるでしょう。

さて、鳩山首相が国際公約として演説しました。

「鳩山由紀夫首相は21日夜(日本時間22日午前)、就任後初の外国訪問先となる米ニューヨークに到着、22日の国連気候変動サミットの開会式で演説した。将来の地球温暖化対策の焦点である先進国の途上国支援策を「鳩山イニシアチブ」と名付けて世界に発信。米中などの削減努力を前提に「90年比で25%」という20年までの日本の温室効果ガスの削減目標を国際的に公約し、排出量取引導入を明言するなど国内対策を加速する姿勢を示した。」(朝日新聞)

そこに至る過程は大変きびしいでしょうが、この国のもつ技術を総力傾注して壮大な目標達成に向かう、方向性はいいのではないでしょうか。
その先には、技術立国の復権とビッグビジネスがありそうな予感がします。

日本人は一人当たりの年間のCO2の排出量は約10tだそうです。生長したポプラの木に換算すると、200本となります。
一回の植樹ツアーで大体一人当たり50本植えます。4回行けば、自分の分はチャラであります。

なんか奇妙な論理だとは思いますが、団長や久野さんはクリアしています。わたしもあと一回で、地球温暖化の温室効果ガスの個人責任達成であります。

田主丸人は、地球温暖化阻止産業に従事しているのであります。

|

« お客様 | トップページ | あと二日 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間に合った:

« お客様 | トップページ | あと二日 »