« いろいろ雑記3 | トップページ | ええっとカウントしてみます »

別府の夜はふけて

金曜日にロータスクラブ九州ブロックの役員にして本年沙漠植樹に参加されたOさんの事務所を訪ねました。
緑の応援団事務局が検討中のことをベースに懇談しました。わたしたちはお願いする立場、Oさんもその組織の中でこの案件を進めることの相当の努力を払われています。

金銭のかかわる微妙なことがらが含まれていますので、正式な公開は控えたいと思いますが、団長以下求められればどの場にでも出席して、熱い思いは開陳したいと思います。予備交渉的な部分もあり、確定事項の発表とはなりませんが、わたしたちが前進するエネルギーの源をいただくことになりそうで、気分は高揚であります。

で、交渉ごとが終わりまして、ああ別府の街に繰り出しました。

北浜の旅館が併置されている料理屋さんで、魚がメインが一軒目。おいしかったです。焼酎より冷や酒が合いそうな気がしましたが、遠慮しました。
穏やかに酒席は進んだのですが、禁煙でして団長もOさんもそわそわし始めました。わたしも吸うのですが、自宅では飲みながらも吸わないのが慣れっこなので我慢できましたが、お二人は耐えられなかったようであります。

料理や酒のよしあしではなく、タバコの問題で次に移りました。

次は居酒屋さんです。団長曰く、だいぶ田主丸の店に近づいたので安心した。かなり飲みましたね。給仕する女性が、日本の方じゃないような気がしましたが、中国の方で大連出身の26歳、別府大学に留学中とか。
わたしは聞き出せません、もちろん団長であります。

最後にスナックに行きました。いやあクラシカルですばらしい。カラオケもないし、もうこのようなお店はなくなったかと思っていましたが、ありました。
Oさんといろいろ話し込みました。団長は目を瞑り始め、やがて男は静かに突っ伏して眠るのでありました。

手元にそのスナックの名詞とマッチ箱があります。

Oさん楽しい別府の夜ありがとうございました。

2時半に眠り6時半に起きました。30分ぐらい散策しました。歩くことではじめて見知らぬ土地を実感する。新領土に降り立つ帝国主義的気分であります。

|

« いろいろ雑記3 | トップページ | ええっとカウントしてみます »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 別府の夜はふけて:

« いろいろ雑記3 | トップページ | ええっとカウントしてみます »