« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

歳の終わりに

思い起こせば2年前RKBの同行取材があって以来、緑の応援団はめでたくも右肩上がりで成長し続けてきました、雑感的には。
肉体の急激な発達に骨格がともなっていないような感じもします。事務局体制や理事会(役員会)が十分に対応できていないのです。

通年のレギュラーイベントに加え、対外的な交渉オツキアイごとが非常に増えました。ガンバッテ対応していますが、その処理がなかなかうまくいきません。
わたしだって小ぶりながら事業所を営んでいますし、事務局長だって多忙な苗木屋さんであります。

どうしたらいいのか相当に悩んでわたしの頭部砂漠化はますます進行中です。

方針の第一は敵前逃亡。まあわれわれもやれることはやってきたので事務局を更迭する。
それとも運営体制の全面的な見直しでしょうかね。

わえわれより早くメジャーになられた「山苞の会」、倉富会長の負担なんかとてもまねのできないスゲーレベルにあります。
あそこまでボランティア精神で突き進まねばならないのかとも考えます。

またなぜ「緑の応援団」なのかという原点に立ち戻り検証作業が必要だなとも思います。
もちろんへこたれてこの活動が収束するわけではありませんよ。

矜持 意地 の旗を掲げて団長が突撃していますからね。必死こいて後追いしていますからね。

信長が一騎駆けて桶狭間に向かっているなか、兵隊たちも遅れまいと早がけしてきたようなものです。

時代はまさに環境の時代。注目を浴び評価され、路地から大通りに出てきたんですから。

この冬、戦略の再構築に取り組んでみようと思います。あんまり難しく考えないでも事務局や理事会のメンバーが交代してもまわっていく組織作りの時期に来ていると思います。

さて、2010年は記念すべき第15次隊。目標は一般20人青少年10人計30人の部隊を送りたいと考えています。
これはやりますからね。

再掲します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長らくの未更新 恐縮です

弁解してはいけないでしょう。すいません。

この間の報告です。

1.19日に理事会懇談会と忘年会を山下理事の山荘でいたしました。出席は、宮崎 福留 中野 刈茅 山下 有村 野村 でした。

2.それに先立ち西日本国際財団の専務理事の方とお会いしました。当団が一次予選?を突破して、表彰対象になっていていろいろヒアリングを受けまし  た。
  20団体程度の推薦応募があり、その中からの審査対象団体7団体になったそうです。
  決定は2月だそうです。もし・・・・・・・なんてことは封印します。団長が祈願して禁煙とか禁酒とかやれば可能性が高まるかもしれません。

3.来年のもえもん(田主丸まちづくり連絡協議会)の新年会は、耳納ミュージックギルドが幹事で、1月16日土曜日河童茶屋で開催です。

4.浮羽青年会議所様から多額の助成金をちょうだいしました。来年の15次隊の苗木代に全額充当します。ありがとうございました。
  なお、団長が青年会議所の新年会に参加いたします。

5.事務局から年賀状を発送します。また1月に緑の応援団通信を発行します。
  スケジュールや団の現状などお知らせします。

さて、イエス様の誕生日です。
今日は、この動画をお届けします。ああ わたくしこの歳でこみ上げてくるものがありました。
昨年、18年我が家で暮らしたゴンのなきがらをかかえて帰ってきた日を思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理事会を開催します

12月19日 土曜日 午後7時

場所は 山下山荘

議題 ・本年度活動状況報告 ・財務状況報告 ・次年度方針草案 ・中期組織体制の検討

理事各位は必ず出席お願いします。
理事会終了後忘年会をいたします。手作り男の鍋がメインディッシュ。
参加費用は3000円です。宿泊可能。

いや、この時期はイベントもないし、まあひまではあります。
事務局は団員名簿の整理や財政状況のチェック、年賀状作りなどはいたします。
それから運営の計画、沙漠ツアーの修正なども検討します。

まあ他に、補助金をいただけそうな財団の調査もします。

4月から11月はどたばたイケイケドンドンなのですが、プロ野球のチームみたいですが、環境問題の勉強などやろうかと考えています。

明日以降すこしまじめに環境問題の考察を始めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »