« 長らくの未更新 恐縮です | トップページ | 謹賀新年 »

歳の終わりに

思い起こせば2年前RKBの同行取材があって以来、緑の応援団はめでたくも右肩上がりで成長し続けてきました、雑感的には。
肉体の急激な発達に骨格がともなっていないような感じもします。事務局体制や理事会(役員会)が十分に対応できていないのです。

通年のレギュラーイベントに加え、対外的な交渉オツキアイごとが非常に増えました。ガンバッテ対応していますが、その処理がなかなかうまくいきません。
わたしだって小ぶりながら事業所を営んでいますし、事務局長だって多忙な苗木屋さんであります。

どうしたらいいのか相当に悩んでわたしの頭部砂漠化はますます進行中です。

方針の第一は敵前逃亡。まあわれわれもやれることはやってきたので事務局を更迭する。
それとも運営体制の全面的な見直しでしょうかね。

わえわれより早くメジャーになられた「山苞の会」、倉富会長の負担なんかとてもまねのできないスゲーレベルにあります。
あそこまでボランティア精神で突き進まねばならないのかとも考えます。

またなぜ「緑の応援団」なのかという原点に立ち戻り検証作業が必要だなとも思います。
もちろんへこたれてこの活動が収束するわけではありませんよ。

矜持 意地 の旗を掲げて団長が突撃していますからね。必死こいて後追いしていますからね。

信長が一騎駆けて桶狭間に向かっているなか、兵隊たちも遅れまいと早がけしてきたようなものです。

時代はまさに環境の時代。注目を浴び評価され、路地から大通りに出てきたんですから。

この冬、戦略の再構築に取り組んでみようと思います。あんまり難しく考えないでも事務局や理事会のメンバーが交代してもまわっていく組織作りの時期に来ていると思います。

さて、2010年は記念すべき第15次隊。目標は一般20人青少年10人計30人の部隊を送りたいと考えています。
これはやりますからね。

再掲します。

|

« 長らくの未更新 恐縮です | トップページ | 謹賀新年 »

事務局2の遊びやせん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歳の終わりに:

« 長らくの未更新 恐縮です | トップページ | 謹賀新年 »