« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

花見をします

あ 忘れておりました。

花見は4月3日土曜日 午後7時開始です。
場所は田主丸中央公園 田主丸総合支所から南へ徒歩3分。
そこにある六角堂がひとつの目印です。

会費 さあ 2000円ぐらいではないでしょうか。バーベキューです。

通りすがりの町民の方もご参加どうぞ。

しかし今日明日の雨風で花びらが散ってしまいそうです。大体 六角堂近辺には桜はないのですが。

ああ 昨年の7月この六角堂で『力を尽くして缶ビールを飲む会』を強行したところ、暴風雨でびしょ濡れになりました。今回はお天気はよさそうであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第15次九州田主丸隊の日程を発表します

                                                                                  日程表

2010年3月21日

団体名:

第15次九州田主丸隊

    

日 時

都 市

時 間

行        程

食  事

1

福岡

北京

CA954

15:10

18:30

中国国際航空にて北京へ(大連経由)

着 後:専用車にて市内レストランへ

夕食後:ホテルへ。

B

2010’

8/18

L

D

北京料理

HOTEL

新北緯飯店クラス     ☆☆☆

2

北京

専用車

K-263

18:48

朝食後:北京観光

天安門広場・世界遺産故宮博物館・胡同遊・王府井散策

夕食後:寝台列車にて包頭へ

B

ホテル

2010’

8/19

L

広東料理

D

四川料理

HOTEL

夜行寝台列車                     

3

包頭

恩格貝

K-263

06:45

専用車

朝食後:専用車にて高速道路を沿って恩格貝

途 中:黄河を渡って(下車で浮き橋を散策

着 後:ホテルへのチェックイン

昼食後:植林地視察と沙漠散策

B

ホテル

2010’

8/20

L

ホテル

D

ホテル

HOTEL

恩格貝賓館            

4

恩格貝

専用車

朝食後:終日恩格貝にて植林・緑化活動

B

ホテル

2010’

8/21

L

カレーライス

D

ホテル

HOTEL

恩格貝賓館            

5

恩格貝

達拉特旗

専用車

朝食後:終日恩格貝にて植林・緑化活動

夕 方:専用車にて達拉特旗へ

着 後:ホテルへ

夕 食:ホテルにて内モンゴル料理をご賞味。

B

ホテル

2010’

8/22

L

カレーライス

D

ホテル

HOTEL

東達假日酒店クラス   ☆☆☆☆         

6

達拉特旗

包頭

北京

専用車

CA1142

09:35

10:50

朝食後:専用車にて包頭空港へ

着 後:国内線にて北京へ

昼食後:北京観光(世界遺産万里の長城・買物

夕食後:北京名物ダック料理をご賞味。(個室)

B

ホテル

2010’

8/23

L

飲茶料理

D

ダック料理

HOTEL

臨空皇冠假日酒店クラス ☆☆☆☆

7

北京

福岡

CA953

08:55

14:10

朝食後:専用車にて空港へ(大連経由)

中国国際航空にて福岡へ。

B

ホテル

2010’

8/24

L

機内食

D

HOTEL

 

○ ご旅行代金  168,000円  一人部屋追加代金 20,000

○ 協力金     20,000円  NPO法人田主丸町緑の応援団会費 2,000

○ 諸税等    約9,500円(燃料費やレートの変動で料金が変わることがあります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜 さくら サクラ 3

本日帝国データバンクの調査員の方がわたしの事務所に来られました。なぜそのような大リーグ級の調査会社が、と思いましたが、まあ緑の応援団も一応法人なのでデータベースにのっけるらしいのです。

いくつかたずねられたので答えました。

「大体どのような組織なのでしょうか」

「おやっさんがですね、社会貢献ちゅうものをしたほうがええじゃろ。フロント企業じゃのうて、ボランティアちゅうのもナウくねえか。おう、どげんじゃ。と腹かためて言われるもんじゃけ、親がやるちゅうたら、わしら子は付いていかにゃいけんですけの」

と言いました。     ウソです。

うーむ。田主丸町緑の応援組バージョンです。組長に組員。葉っぱ(ポプラ)を主な資金源としていると。

さて、この雨と風でサクラの花びらが散り始めたところもあります。
わたしの近隣の石垣神社(久留米の殿様も来ていた)のそれは満開状態でしたが、残念であります。

Epsn0010

ああ 花見で飲みたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小久保 やりましたな

福岡ホークスはパ・リーグ公式戦開幕戦で、北海道ファイターズを5-3の上手出し投げで破りました。

特にダルビッシュから5点取りまして、最高のスタートです。

『今年は やらんと いかんばい』これがチームスローガンなのですが、オープン戦絶不調だった小久保がタイムリーヒットを2本も打ちました。

本日は祝して乾杯であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜 咲く

Epsn0004

先日西日本新聞の筑後版に県立高校の合格発表の記事がありました。
取材現場は、久留米藩の藩校経由の高校です。で、記者から取材を受けてコメントしていたのは、田主丸中学のO君でした。

O君はそう第14次九州田主丸隊に参加したあのO君です。中学生グループの班長さん格で、まあ実際生徒会長でもあったのですが。

O君 おめでとうございます。

沙漠で植樹をし志望校に合格して記憶に残る一年となりましたね。
ああ これで君は事務局2の後輩であります。10年後は君がもし事務局2であったならば、若ジサマとなったわたしの喜びはいかほどでありましょうか。

ああ 君とは縁があります。わたしの砂漠化した頭部のお手入れをやってもらっているのは、君のおじい様とおばあ様であります。かれこれ45年ぐらいお世話になっています。

市役所あたりに入って緑の応援団の事務局になってもらえればなどと夢想いたします。

他の4人の3年生はどうだったかな。よろしき結果になっていることを祈ります。

本日は最高の春の日和でした。

Epsn0001

平原公園の登り道途中から田主丸中心部方向です。春がすみになんだかのんびりした日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜 さくら サクラ 2

桜の花がほころび始めました。うーん。やはり緑の応援団の花見のころは散り際になるのではないかと思います。

もう10年ぐらい前になりますかね。美津留川という農業用水路がありまして、まあ水澄しの会が子どもさんのカヌー教室をするところなのですが。
そこの両岸に桜の植栽が実行されたのですね。ええと河川管理者の了解は下りませんから、まあ植えたいという方々が植えたのです、としか言えません。

あれは県なのか市なのかわかりませんが、さすがにいまさら撤去せよとは言わないのではと思料するわけであります。「よかろうもん」とか「ええがええが」とか「植えたが勝ち」とか、そのようなものであったんじゃないかと思います。

役所はそのような管理なんたら規則に抵触するような行為にはうるさいのです。でそのときの写真です。

Image0007

あ 見慣れた人がそれなりに若いときの写真が写っています。関係者でしょうか。激しく法律違反ではありませんが、一応名前は伏せます。ああ 桜植樹ゲリラ隊の隊長さんでしょうか。
で、月日は流れ今日はこんな感じです。

Epsn0009

すいません、田主丸の人間のくせに名前がわかりません。早咲きはほぼ満開です。このあとソメイヨシノも次々咲くでしょう。川面にその姿を映しながら、咲きほこるのでしょう。

ゲリラ隊は公式には特定されていませんが、まあ結果的に良しとしましょう。200mぐらい続いているのでしょうか。近くにはくじらの森もあります。ゲリラ隊の突破行為も実をつけた、と。

ああ 花見で飲みたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜 さくら サクラ

昨日福岡管区気象台が桜(ソメイヨシノ)の開花を宣言しました。観測史上2番目に早く(最速は昨年の13日)、平年より12日早いそうです。

わたしの子どものころは、入学式は桜の満開時期、始業式だって咲きほこる時期だったような記憶があります。平原(ひらばる)公園ではあちらこちらで宴会がにぎやかにあり、春休みの終わりごろのそれに連れて行ってもらうのが楽しみでした。

いやあずいぶんと開花が早くなったものです。やっぱりあれ、地球温暖化の影響でしょうか。政府はHPで地球温暖化の例証として桜の開花が早くなったとしています。

緑の応援団の花見は4月2日または3日を想定していたのですが、このままでは盛りを過ぎた桜見物となりそうです。

Jリーグは先週開幕したのですが、アビスパ調子いいですね。まだ2節終了の段階ですが単独1位です。3点ずつ取りまして失点は1、J1から陥落して久しいのですが、ひょっとしたらとの期待がでてきました。

ホークス。どうなんでしょう。打線はよさそうですが、杉内・和田・ホールトンの次に来るピッチャーが不安です。悔しいけれどよくて2位ですかね。

日本の温室効果ガス削減目標25%(1990年を基準に2020年を目標)のことを書く予定でしたが、事務局2は少し困っています。鳩山首相がその対策のひとつに原子力発電の推進を打ち出したからです。
そりゃないでしょう(これは個人的感想)。もうすこし煮詰めてみます。

ああ おじさんなので知りませんでした。鈴木えみ さんて えらくきれいな人ですな。

ああ 花見で飲みたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都議定書 気候変動枠組条約

気候変動枠組条約とは、気候変動がもたらし悪影響を防止するための原則や措置を定めた条約です。1994年に発効し、約190の国とEUが加盟する国際連合下の条約です。特に温室効果ガスの増加が地球温暖化をもたらし、自然の生態系に影響があることを共通の確認事項とし、現在及び将来大気中のガス濃度を安定化することを目的としています。

ああ ぼちぼち おつきあいください。

でですね、その定例締約国会議のことを地球温暖化防止会議とか言いまして、京都議定書はその第3回締約国会議(COP3と表記)で議決されました。
先進国は1990年を基準に、2008~2012年に6種類の温室効果ガスを少なくとも5%以上削減することが目標とされました。

つまり現在がまさに京都議定書の実行期限となります。ところが問題はいろいろあります。

世界最大の温室効果ガス排出国のアメリカが批准していません。
削減目標を達成しつつある国もあれば、目標から大きく後退した国もあります。
ドイツ-19.5% フランス-7.1% イギリス-15.4%など優秀なくにもあれば、日本+7.1%というようなところもあります。日本は-6%が目標なのに増加していますし、この数年も増加傾向にあります。政府の対策がほとんど効果がなかったと諸外国からは厳しい指摘を受けています。

また経済発展を続ける中国やインドが何らかの義務を負っていないということもあります。

昨年の12月にデンマークのコペンハーゲンでCOP15(第15回締約国会議)が開催されました。京都議定書以後の削減目標などの合意を目指しましたが、先進国と途上国で激しく意見が対立しました。さらに先進国内でも議定書をめぐり対立が表面化しました。

各国は個別に目標値を表明しています。日本は1990年を基準に2020年に25%削減という高い数字を掲げました。

現在のところ京都議定書以後は協議中です。日本やEUは、個別目標ではなく中国やアメリカなども含めひとつの議定書に各国の数値を定めることを目標にしています。

明日以降は、日本の温室効果ガス削減目標25%について記してみます。

ああ 花見で飲みたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロータスクラブ福岡ブロック様から賛助金

京都議定書や気候変動枠組条約を書き上げて、キーを誤って打ってすべてが飛んでしまい悲嘆にくれる事務局2であります。

今日はやめます。また明日書きます。トホホホ。

昨日は団長と事務局長が博多に出張しまして、ロータスクラブ福岡ブロックの会合に出席しました。緑の応援団に賛助金を出していただきました。事務局長から写真をもらい次第ここにアップします。

ロータスクラブ福岡ブロックの皆様ありがとうございます。こころからお礼申し上げます。

あ さて。授与式?のあと宴会にも誘われたようです。ああ 団長に連絡したらけっこう飲めたワイ と言っておりました。ふうむ 相当に飲んだ模様です。うらやましい。さらにそのあともあったようです。

博多で飲むことは大変楽しいのですが、田主丸まで帰ってくるのがちいとばかり遠い。西鉄久留米のバスセンター最終で帰ってきたとか。12時を過ぎていたらしい。

ま お疲れさんでありした。

ええっと明日発売だそうですが売れるんじゃないかと思います。きれいな人ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝状

本日 日本沙漠緑化実践協会から緑の応援団に対する感謝状が事務局に届きました。

協会の設立20周年記念にあわせて感謝状の授与とのことです。また協会の会報誌「さばく」の創刊号から45号までを収めたDVDもいただきました。

創刊号から遠山先生の言葉を引きます。

『沙漠を緑化し沙漠の民の貧しさを少しでもなくする。それは平和への道の基本であります。祈りだけでなく実践活動することなくして解決はしません。祈りから実践です』

あえて記せばその壮大な目標に臆することなく、先生の理念と異なっても結果がそろえば、そして個々人のできる範囲で汗を流せば、とも思います。

日本沙漠緑化実践協会の設立20周年をこころからお祝い申し上げます。今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IPCCの基本的なこと

地球温暖化(20世紀後半からの温暖化)の大きな要因は、昨日書き込みました温室効果ガスによるとされています。

ただしこれは仮説でありまして今後も引き続き検証されていく命題です。ですから、仮説に対し誤りであるとか、そもそも温暖化していないとか、陰謀論などの批判があります。

わたしは、この仮説を相当に信じることができると考えています。例えば世界的な温室効果ガス削減の会議で、その削減目標の設定などの議論で先進諸国と発展途上国の間で紛糾します。
紛糾はしますが、共有された判断基準としての上記の仮説は否定されていません。国家間の枠組みの中では認証された基準として定着しています。

さてタイトルのIPCCとは何か。

気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Chang)略してIPCCは、国連の下部組織です。1988年に設立され、気候変化に関する科学的判断基準の提供が目的であり、地球温暖化に関する科学的知見の集約と評価を主な業務としています。数年おきに評価報告書を発行しています。

2007年にアル・ゴア元米副大統領とともにノーベル平和賞を受賞しました。

最新(2007年)の第4次評価報告書は、130国以上から450人超の代表執筆者800人超の執筆協力者の寄稿、そして2500人以上の専門家の査読を経て作成されました。
この報告書は信頼に足るものとして世界中で認められていますし、各国の環境政策に大きな影響を及ぼしています。

いや、多少退屈であります。ええっとですね、「国連の機関で地球温暖化は温室ガス効果による仮説をほぼ確実にした」と少々乱暴ですが、覚えておいてください。

第4次報告書から集約された考え方をいくつか抜き出します。

1.われわれを取り巻く気候システムの温暖化は決定的に明確であり、人類の活動が直接的に関与している。
2.気候変化はあらゆる場所において、発展に対する深刻な脅威である。
3.地球温暖化の動きを遅らせ、さらには逆転させることは、われわれの世代のみが可能な挑戦である。

時間と規模を意識させる強い勧告内容となっています。

IPCCは基本的に学術機関ですから、その提言を実行に移す作業は別の機構にゆだねられます。そのひとつが、気候変動枠組条約です。この内容と京都議定書のことを明日以降記してみます。

ああ なるべくわかりやすくとは思っているのですが、重いですよね。
しかし環境省の文書などでは苦痛が先に立ちます。オツキアイしてください。

ああ 花見で飲みたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温室効果ガスの基本的なこと

温室効果ガス ニュースの言葉で普通に使われるようになりました。

温室効果といえば農業が盛んな田主丸エリアではビニールハウスを思いうかべます。ビニールハウスの地面が太陽光で温められ、その熱が伝わった空気が対流拡散しますが、ビニールに閉じ込められることによって室温が上昇します。

実は温室効果ガスとは原理が違うのですが、現象が似ているのでこのようなネーミングになっています。

地球の場合(惑星によって違います)地表から放射される赤外線(元は太陽光です)が、大気中の物質に吸収されることでエネルギーとして大気圏外に出ないでとどまることになります。結果、大気圏内の気温が上昇することになります。

もっともこの温室効果がなければ、仮に現在の平均気温が15℃の地球は-20℃ぐらいの寒冷な惑星になっていると推測されています。

適切な温室効果は生物が存在する条件なのですが、いま問題とされているのは上記のエネルギーを吸収する大気中の物質、つまり気体が増加しているということです。

実は水蒸気がもっとも温室効果があるのですが、これは大気と地表を還流しますので対策対象から除外されています。そして最大の効果ガスは二酸化炭素CO2とされています。

ですからさまざまな資料も二酸化炭素換算として表記されています。

日本の温室効果ガスの排出量は二酸化炭素換算で年間13億7100万トンで、世界に占める割合は約5%です。

と、今日はここらへんまで基礎的知識のお話です。

わたしたちがクブチ沙漠で植林しているポプラの木は、成木になりますと二酸化炭素を年間50kg吸収します。九州田主丸隊の累積植林数1万2千本が成木になれば、約600トン吸収することになります。もちろんあのポプラは温室効果ガスの削減以外にも、沙漠化の防止、黄砂の飛来防止、環境の再生など多面的役割を果たしているのはまちがいありません。

おお 環境系NPOにふさわしいようなエントリーです。やればできるもんです。
わたしの復習になるし明日もガンバロー。

ああ 花見で飲みたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑記

昨年の今頃は『ミュージカル巨峰物語』実行委員会に参加しましてなんやらかんやらあわただしくありました。今年は特に急ぐこともありませんので、こういうときこそスキルアップ、環境系NPOとして研鑽の日々務めねばならないのですが・・・・。

磨耗してきているのかな 金属疲労とか そのたぐい。

天候が悪く現場に行けませんので、デスクワークと業者さんとの打ち合わせばかりしています。これも大事な仕事なのですが、いささか身体がなまり加減であります。

まあ 朝はあいかわらずウォーキングを続けています。少々の雨でも歩きます。距離は5kmに少し欠けるぐらいを、大体55分で歩きます。
6時20分頃はかなり明るくなってきますが、スタート時点ではヘッドランプを点けています。

あたたまりますよ。少々汗をかきます。しかし体重は変化しませんね。体脂肪率は平均より低いのですが、筋肉質だからでしょう。

というわけで明日からは沙漠物語か環境問題最前線のことを書き込みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

500円

あまり一般的には使われない言葉ですが、費用弁償というものがあります。
議員や非常勤の公務員が、会議などに出席したとき実費的な経費(交通費など)として支給されるものです。報酬ではありません。

NPO法人もその支給は可能とされています。

緑の応援団の理事監事は無報酬です。平均して2時間ぐらい理事会をやっていますし、イベントごとの準備や当日など相当の拘束時間がありますが、報酬はありません。
でですね、理事会に出席することに限定して費用弁償を支給しようとの方向性で検討します。

まあ、理事会に出席した理事などに一回当たり500円支給するというものです。年間8回ぐらい理事会を開催しますので、皆勤の理事は4000円いただくことになります。次回理事会で承認されたら運営細則に組み込みます。

いいですよね。皆さん。ああ、ご不満の方は総会でご発言ください。

ええと何事も公開するのが当然のことでありましてここに公告いたします。

ハードボイルドでした。中村主水連続殺戮ですから合わない方は見ないでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花は散りぬるも

平安時代までは花といえば梅の花のことでした。春を告げる花として尊重されていたのでしょうか。平安以後は桜にその座を譲ってしまいましたが。

太宰府天満宮に行きました。
残念、春一番でその花びらは吹き飛ばされていました。満開の時期は例年より早かったようです。
建物の影になっている梅の木にはまだ花が残されていましたが。

P1010203  P1010201

境内を行き交う観光客の話を何気なく聞いていましたが、中国系・台湾系・韓国系のようで、まあ九州国立博物館とセットで観光ルートになっているわけです。

例えばわたしがイスラムの古い寺院を訪ねて当地の博物館見物に行くようなものなのでしょうか。梅の花の前での記念撮影がにぎやかでありました。

わたしは九国に行きたかったのですが、ま、子どもたちの要求どおり遊園地に行きました。保護者付き添いの乗り物はほとんどありませんから、カミサンと二人紙コップのコーヒーを飲みながら、連中が乗っているさまを眺めていました。
まあ 幸せな日々として記憶にとどめておきます。

で花といえば桜と。
中野事務局長と話しまして、団の非公式な行事として花見をすることにしました。場所は田主丸中央公園、東屋がありましてかってにわれわれは田主丸の六角堂と呼んでいます。
日時は未定ですが、やると言ったらやるのです。夜桜見物です。

誰でも参加できます。遠方の方は宿泊となるでしょうが。後日日時を発表します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »