« ロータスクラブ福岡ブロック様から賛助金 | トップページ | 桜 さくら サクラ »

京都議定書 気候変動枠組条約

気候変動枠組条約とは、気候変動がもたらし悪影響を防止するための原則や措置を定めた条約です。1994年に発効し、約190の国とEUが加盟する国際連合下の条約です。特に温室効果ガスの増加が地球温暖化をもたらし、自然の生態系に影響があることを共通の確認事項とし、現在及び将来大気中のガス濃度を安定化することを目的としています。

ああ ぼちぼち おつきあいください。

でですね、その定例締約国会議のことを地球温暖化防止会議とか言いまして、京都議定書はその第3回締約国会議(COP3と表記)で議決されました。
先進国は1990年を基準に、2008~2012年に6種類の温室効果ガスを少なくとも5%以上削減することが目標とされました。

つまり現在がまさに京都議定書の実行期限となります。ところが問題はいろいろあります。

世界最大の温室効果ガス排出国のアメリカが批准していません。
削減目標を達成しつつある国もあれば、目標から大きく後退した国もあります。
ドイツ-19.5% フランス-7.1% イギリス-15.4%など優秀なくにもあれば、日本+7.1%というようなところもあります。日本は-6%が目標なのに増加していますし、この数年も増加傾向にあります。政府の対策がほとんど効果がなかったと諸外国からは厳しい指摘を受けています。

また経済発展を続ける中国やインドが何らかの義務を負っていないということもあります。

昨年の12月にデンマークのコペンハーゲンでCOP15(第15回締約国会議)が開催されました。京都議定書以後の削減目標などの合意を目指しましたが、先進国と途上国で激しく意見が対立しました。さらに先進国内でも議定書をめぐり対立が表面化しました。

各国は個別に目標値を表明しています。日本は1990年を基準に2020年に25%削減という高い数字を掲げました。

現在のところ京都議定書以後は協議中です。日本やEUは、個別目標ではなく中国やアメリカなども含めひとつの議定書に各国の数値を定めることを目標にしています。

明日以降は、日本の温室効果ガス削減目標25%について記してみます。

ああ 花見で飲みたい

|

« ロータスクラブ福岡ブロック様から賛助金 | トップページ | 桜 さくら サクラ »

地球環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都議定書 気候変動枠組条約:

« ロータスクラブ福岡ブロック様から賛助金 | トップページ | 桜 さくら サクラ »