« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

恩格貝通信

日本沙漠緑化実践協会から現地レポートが送られてきましたので掲載します。

長期ボランティア 田辺美穂子様

最近走り回る兎の姿を目にする回数が一段と増えました。沙漠の沙と同じ色をした薄茶色の兎。
さすがは兎、夏休みの期間中アルバイトに来てくれている中国人の趙君や、学生時代サッカーでならした長期ボランティアの戸手さんがその見事な走りを披露しても、毎回あっという間に逃げ去られてしまいます。

緑が増え、森が育ち、たくさんの動物たちが生息するようになった恩格貝。この苛酷な環境の中で、育ってくれた木々に日々感謝して、潅水作業にはげむ毎日です。
今年はまた雨が少ない!カラカラ乾いた土地で、それでも一所懸命いきている苗木たちの生命力には、毎年のことながら感動!そして「守らなくちゃ!」と決意新たにする毎日です。

恩格貝からニイハオ!! 間瀬弘樹様

皆様お元気ですか?僕らはみな元気です。
姚さん、ママさん、王さん、苗さん、長期ボランティアの田辺さん(広島)、戸手さん(広島)、田邉君(岡山)、みんな明るく楽しく元気よくやっています。
この時期にたくさんの雨が降り大地を潤し、植物を活気づけるという気候ならばこの上ない幸せなのですが・・・。

さすがに沙漠、暑い!暑い!日に日に弱っていく苗木たちを「元気になれ!」と毎日心をこめて潅水作業をしているのですが、あるんですね、こんな大事なときに!「平和の森」の井戸が使えなくなりました。
更に追い討ちをかけるように五里明沙の井戸ポンプも壊れてしまい、修理に一週間かかりました。深刻なのは「平和の森」の井戸です。
新しく掘るにしても井戸屋さんが忙しくて時間がかかりそうですし、新しく掘らなくても容量の小さなポンプに交換すればよいかも?という地元の人の声もあります。なんにせよ使用不可から一か月、急がなければ「平和の森」が危ないです!

地元の人のアドバイスに従い、新しいポンプを手配しました。(山口常任理事)

日本人のスタッフと現地の人々の協力で苗木の育成や植樹活動サポートが実践されています。特に定期的な潅水作業は絶対に必要です。わたしたちが協会に支払う協力金はこうした現地の運営資金にも使われています。

来月の天候はどうなるか気がかりですが、無理せずできる範囲で植樹活動をすることが大切です。第15次九州田主丸隊の皆さん、ボチボチのファイトでっせ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

24人

お二人キャンセルがありました。

第15次九州田主丸隊の参加メンバーは24人で確定しました。

ええっとですね、一人50本植樹したとして1200本ぐらいが目標ですかね。

週末の説明会のご出席よろしくお願いします。

Dscf7022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発前説明会

第15次九州田主丸隊の出発前説明会を下記のとおり開催します。

ご出席お願いします。

 7月31日 土曜日 午後4時開始 1時間ほどかかります。

場所は本年に限り、田主丸勤労青少年ホームです。

当団とJR九州旅行の共催です。こうすれば沙漠ツアーが楽しくなる情報などお知らせします。

来年以降の希望者や興味のある方の参加もご自由です。

なお、理事の皆さんは終了後ちょとばかりお酒を飲みますのでよろしく。

 

より大きな地図で 田主丸勤労青少年ホーム を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第15次九州田主丸隊のツアーリーフレットです

Untitled1 Untitled2

Untitled3 Untitled4

JR九州旅行からPDFファイルでいただいたものを画像処理でアップしています。クリックしていただくと拡大します。画像ですので不鮮明なか所があります。

ダウンロードして個人でプリントされる方はこちらです。「2010p1.pdf」をダウンロード 「2010p2.pdf」をダウンロード 「2010p3.pdf」をダウンロード 「2010p4.pdf」をダウンロード    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治 大正 昭和 平成

眠るように逝きました。

その日の朝、肩とあごを使って呼吸していました。息づかいが少しずつ弱くなり、その間もだんだんあき始めました。
10秒おきの呼吸が二回。そのまま呼吸停止となり、頚動脈でも脈を感じられなくなりました。

親族としては体をゆすり、大きな声で呼びかけるべきかもしれませんが、十分人様より生きてきましたので、楽になることを見守りました。

なにしろ明治41年です。1908年です。世紀を超えました。素晴らしい。
日露戦争が終結して3年。清の最後の皇帝が即位し、アメリカのゼネラルモータースが創業した年です。

生前本人が仏壇に入って拝んでもらうより、生きているうちに可愛がってもらったほうがいいと述べていましたので、そうしてきたつもりです。

満102歳。大大往生。病で苦しむでもなく、「もうよか」という感じで逝きました。
実は人の命が消え逝くことを初めてながめました。準備はできていましたのでそれほど悲しくもなく、みんなで明るく送り出した気分です。

6月から一月半、団の運営にもいろいろご不便をおかけしました。
また、理事各位におかれましては、ご丁寧にも通夜の席にお出でいただきまことにありがとうございました。
心から感謝申し上げます。祖母の儀ですから、本来はご口上だけでもありがたいのに過分のお心遣い重ね重ね喪主に代わり御礼申し上げます。

というわけで、皆様にご迷惑かけた分この夏働きますのでよろしくお願いいたします。

事務局2 刈茅貴俊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪雨ですね

団長や副団長が賛助金行脚を続けています。だいぶ回らせてもらったと報告がありました。お疲れさまです。

当団は久留米市(市を基点に外郭団体経由)や福岡県水源の森基金から期限付きの補助金を交付されています。ただし、公金ですので使途は限定されていますし、毎年度詳細な報告書を提出しています。
この補助金では、中学生6人の旅費や送迎経費などはまかなえません。

したがいまして約30の企業団体個人の皆様の賛助金があって、ようやく事業を運営できるわけです。

心から御礼申し上げます。

日本沙漠緑化実践協会の創立20周年記念の植樹祭が、8月15日に現地恩格貝で開催されます。第15次隊は遅れること20日に現地到着です。
NPO法人田主丸町緑の応援団はこの式典の後援として名を連ねることになりました。

協会が20年、われわれが15次隊。まだまだ先は長いですね。
継続に乾杯!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沙漠ツアー まだ締め切っていませんよ

現在申し込まれている方は24人ぐらいでしょうか。まだ余裕があります。

植樹活動がもちろんメインでありますが、それ以外にも発見・驚き・感動が沙漠にはあります。

・沙漠の夜空に あらたうと 白き流れし 天の川  ええ、びっくりしますよ。天の川って白いペンキなんだなあって。
 わたしは猛烈に感動しました。人工の明かりがなく、水蒸気系のもやもない空で見る天の川。
 これだけでも、ああ沙漠に来てよかったワイ!という感じでした。

・地平線まで広がるたそがれの空に、キラキラ光るものが一定の速度で動いていきます。
 そう、人工衛星がたくさんたくさん見えます。そして流れ星のショー。数えることは意味のないこと。いつまでもいくつも流れていきます。

・経済発展を続ける巨大な龍の辺境の始まりをのぞけば、ああここも中国北京も中国、不思議な気分になります。
 そして、ああ不便ではあるがこの国が不便だった頃、貧しいがなんとなく幸せだった、そんな気持ちになります。

お申し込みお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »