« 24人 | トップページ | 事前説明会の出席ありがとうございました »

恩格貝通信

日本沙漠緑化実践協会から現地レポートが送られてきましたので掲載します。

長期ボランティア 田辺美穂子様

最近走り回る兎の姿を目にする回数が一段と増えました。沙漠の沙と同じ色をした薄茶色の兎。
さすがは兎、夏休みの期間中アルバイトに来てくれている中国人の趙君や、学生時代サッカーでならした長期ボランティアの戸手さんがその見事な走りを披露しても、毎回あっという間に逃げ去られてしまいます。

緑が増え、森が育ち、たくさんの動物たちが生息するようになった恩格貝。この苛酷な環境の中で、育ってくれた木々に日々感謝して、潅水作業にはげむ毎日です。
今年はまた雨が少ない!カラカラ乾いた土地で、それでも一所懸命いきている苗木たちの生命力には、毎年のことながら感動!そして「守らなくちゃ!」と決意新たにする毎日です。

恩格貝からニイハオ!! 間瀬弘樹様

皆様お元気ですか?僕らはみな元気です。
姚さん、ママさん、王さん、苗さん、長期ボランティアの田辺さん(広島)、戸手さん(広島)、田邉君(岡山)、みんな明るく楽しく元気よくやっています。
この時期にたくさんの雨が降り大地を潤し、植物を活気づけるという気候ならばこの上ない幸せなのですが・・・。

さすがに沙漠、暑い!暑い!日に日に弱っていく苗木たちを「元気になれ!」と毎日心をこめて潅水作業をしているのですが、あるんですね、こんな大事なときに!「平和の森」の井戸が使えなくなりました。
更に追い討ちをかけるように五里明沙の井戸ポンプも壊れてしまい、修理に一週間かかりました。深刻なのは「平和の森」の井戸です。
新しく掘るにしても井戸屋さんが忙しくて時間がかかりそうですし、新しく掘らなくても容量の小さなポンプに交換すればよいかも?という地元の人の声もあります。なんにせよ使用不可から一か月、急がなければ「平和の森」が危ないです!

地元の人のアドバイスに従い、新しいポンプを手配しました。(山口常任理事)

日本人のスタッフと現地の人々の協力で苗木の育成や植樹活動サポートが実践されています。特に定期的な潅水作業は絶対に必要です。わたしたちが協会に支払う協力金はこうした現地の運営資金にも使われています。

来月の天候はどうなるか気がかりですが、無理せずできる範囲で植樹活動をすることが大切です。第15次九州田主丸隊の皆さん、ボチボチのファイトでっせ!

|

« 24人 | トップページ | 事前説明会の出席ありがとうございました »

沙漠」カテゴリの記事

コメント

遠山正英先生の始めた砂漠の緑化のことを英語rで書いています。恩格貝は英語名でどう表記されるのでしょうか。教えていただけませんでしょうか。

投稿: 山内友三郎 | 2015年1月28日 (水) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125610/35944583

この記事へのトラックバック一覧です: 恩格貝通信:

« 24人 | トップページ | 事前説明会の出席ありがとうございました »