« 交流会 報告会 | トップページ | 出発しました 第15次九州田主丸隊 »

微妙な問題 ②

団長と事務局で再度協議をした結果、中国総領事館との交流会は開催する方向で確認しましたが、細部の検討を日中友好協会と団の事務局レベルですることになりました。

本日その会議があります。

NPO法人になって事務作業の量が非常に増加し、また対外的な連絡事項も増えました。
また、さまざまな協働事業も加わり、理事会・事務局の負担も大きくなりました。

役員とはいえ報酬があるわけではなく、「大変だけれど楽しい」これしかいまのところはインセンティブ(給付なしの)がありません。

うーん。

昨日、団長ともいろいろ話し合ったのですが、ボランティア系はこのへんが大変つらいところがあります。
どの団体にも共通しているのでしょうが、「なぜがんばるか」の原点確認作業は常に必要です。

たとえば一定の報酬を規定しても、その原資の確保がまったく予想できないのです。緑の応援団の場合、事業収入は微々たるものです。県や市の補助金のおかげで中学生派遣事業は継続しています。
しかしそれが終了すれば、サポーター様のご好意だけでは、中学生を2人か3人送るのが精一杯です。

役員・事務局の負担を軽くし、沙漠緑化事業を続けるためには、さまざまな再構築が求められています。
まあ、そのあたりをテーマに来年の総会までいろいろ思案してみます。

|

« 交流会 報告会 | トップページ | 出発しました 第15次九州田主丸隊 »

ご案内ご報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 微妙な問題 ②:

« 交流会 報告会 | トップページ | 出発しました 第15次九州田主丸隊 »