« 更新遅れのおわびです | トップページ | 田主丸商店連盟の方々と語る »

緑の応援団通信(案)

下記の内容の通信を近日発送します。


2010年10月
団員の皆様、サポーターの皆様いかがお過ごしでしょうか。稲刈りが終わった田んぼとコスモスの花に秋をしみじみ感じている今日この頃です。さて、第15次九州田主丸隊の植樹報告会は、日時のことやご案内が徹底できなかったためでしょうか、ご参加は32人と少なめでしたが大変有意義な催しとなりました。特に中学生諸君の発表は、わたしたちが一番力を注いでいる中学生派遣事業の目に見える成果としてわたし自身も元気な気持ちになるものでした。今年の反省を踏まえ、来年はもっとにぎやかなものにできるよう努めてまいります。
今回の通信は秋のイベントなどの予定です。耳納の市では団の専用テントにぜひおいでください。いろいろ歓談などできたらと思っています。             団長 宮崎吉裕


田主丸耳納の市 11月6、7日 (土、日) 9:30~16:00
久留米市田主丸町 『福岡県緑化センター』 地図別添

田主丸エリアの農産物をメインにさまざまなものが販売される秋の特産市です。田主丸の最大のイベントでもあります。
植木・苗木・柿・野菜などがお買い得です。食事系も充実しています。例年数万人のご来場があります。
緑の応援団は、パネル展示やリーフレット配布など沙漠植樹のご案内をします。また、渋柿や他のテント店にない特別な物を販売します。この代金は中学生派遣の費用にあてます。
本年は、テント内に団員の皆様には喫茶スペースを設置しごゆるりと休憩できるように計画しています。
田主丸までおいでいただいて田主丸の秋を楽しんでいただくとともに、沙漠の話など皆様と交流できたらなと考えています。


11月2、3日 火&水(文化の日) 「来て見てん山苞の道
このイベントは、山苞の会が主催されています。団も後援に名を連ねています。もえもん「田主丸まちづくり団体連絡協議会」参加の有効団体です。詳しいことは、同封のチラシにあります。秋の田主丸の散策にお出でいただくことをお待ちしています。無料巡回バスご利用ください。


事務局から 本年の沙漠緑化事業には中学生の派遣費用負担など120万円ほど支出しました。ずいぶんと貯金箱はさびしくなっています。会費のお支払いをまだお済でない方は下記の口座へご入金お願いします。年会費は2000円、同一世帯に複数の方は一人当たり1500円、中学生以下は1000円です。第15次隊の方は入金済です。
インターネットに接続されている方は、ブログへのアクセスお願いします。より詳しい情報をそこそこの更新ペースで掲載しています。


まだ理事会で決定していませんが、・理事会環境研修(自己負担)・浮羽青年会議所の河川美化作業への協力・西郷サカナのすめる川作り作業 などを計画しています。こちらはホームページでのご案内となります。耳納の市会場で皆様からのご意見などお待ちしています。


第15次隊の報告集は現在残部0です。増刷します。ご連絡をいただければ発送します。耳納の市会場に10部程度は準備する予定です。

|

« 更新遅れのおわびです | トップページ | 田主丸商店連盟の方々と語る »

ご案内ご報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑の応援団通信(案):

« 更新遅れのおわびです | トップページ | 田主丸商店連盟の方々と語る »