« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

出発前説明会をしました

土曜日にそよ風ホールで出発前説明会を開催しました。

Epsn0197  Epsn0198

内容は例年とそんなに変わりがありませんが、昨年の第16次隊のビデオを流しましたので、初めての方々にも親しみやすかったかもしれません。

今年は団長のわたくしが参加しますので、第17次隊の体調も兼務します。

当日もお話しましたが、わたしの植樹体験は1997年・99年・2001年でして、いやあ11年ぶりです。
さまざまに変貌した現地の様子を、乾坤一擲彫心鏤刻畢生のレポートができればよろしいのですが。

当時は団の役員でもなくえらく気軽に参加していたような気がします。3回目のときは長女がカミサンの腹にいまして、それでも行くのかととがめられました。

東シナ海で、あえて言いますが無用の波高しもあるわけですが、隣人として国交正常化40周年の意味をかみしめながら、はげんでまいります。

おっと大切なことを忘れていました。

2012年第17次九州田主丸隊は、総勢20人であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第17次九州田主丸隊 概要

第17次九州田主丸隊 概要

日程 2012年 8月17日(金曜日)出発 8月23日(木曜日)帰国

旅費 一般 204,545円 中学生 183,545円
航空燃料費の価格変動により若干の変更があります
取扱 JR九州旅行久留米支店

NPO法人田主丸町緑の応援団の体制
派遣人員 理事3人 JR九州随行1人  4人体制でサポートします

・5月中旬募集開始(一般)
・7月28日 14:00 出発前説明会 そよ風ホール 研修室 (予定)
・出発当日帰国当日は、田主丸総合支所と福岡空港間に送迎車を運行します。
・リポートの提出があります。
・9月中旬 報告会 田主丸そよ風ホール

*市の補助事業を受ける中学生は出発前に(8月上旬)久留米市長を表敬訪問することがあります。

・パスポート取得費用など諸経費は個人負担です。

・国際通話可能の携帯電話を事務局が用意しています。

参考
参加者は年齢職業など幅広いものとなっています。
中学生から70代まで。体力を要する作業ですが、長年のノウハウで休憩時間を多く取りどなたでも参加できるような手順となっています。

植樹現地 恩各貝 オンカクバイ

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年 第17次九州田主丸隊 募集リーフレット

クリックしてご確認ください。

リーフレット現物を入手希望される方は、JR九州旅行久留米支店 担当 城戸までご連絡ください。

℡ 0942-32-7015

リーフレット表紙  「SCAN12051109224700004.pdf」をダウンロード

日時と参加費用  「SCAN12051109232400005.pdf」をダウンロード

ツアー日程表    「SCAN12051110052300007.pdf」をダウンロード

日程表だけ出しますね。PDF→JPGでちょっと見にくいですが。

Ws000003

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出前講座

田主丸小学校4年生70人 パソコンルームでやりました。

10:40から40分程度の予定でしたが、実際は10:50から11:40ぐらいでしたでしょうか。

団の紹介を集中豪雨や緑のまちたぬしまるにからめてやりまして、ああ、その後は地球温暖化など話しました。

そして、宮崎顧問に代わり恩格貝の位置や現地での植樹活動などを写真をもとに説明しました。

そしてRKBのDVDのうち、ニュースに使われたダイジェスト版を流しました。

最後に質問を受けました。

生徒たちは行儀よく熱心に聞いてくれました。
いやあ、質問は10ぐらいあって大変でした。おかげさまで、われわれのほうがしっかりやりきった感じでうれしくなりました。

これもやっぱり10人ぐらいの生徒さんから感想を受けたのですが、とてもよかったとの感想以外に、スゴイのがありまして。

「中学生になったら沙漠に行く。そして緑の応援団の団長になりたい」
スゴイでしょ。ネタじゃないです。

ま、こういう感想が出るぐらいのレベルに達した出前講座でありました。

Epsn0195  Epsn0196




| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は出前講座です

明日午前10:40から、田主丸小学校で4年生の生徒さん70人を相手に出前講座をいたします。

地球環境、特に地球温暖化の問題や当団の沙漠植樹活動の説明などお話します。

地球環境問題はわたしが担当し、沙漠植樹は宮崎顧問にお願いしています。

わたしが大好きだった作家の井上ひさしさんが、いつもおっしゃっていた、
「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく」
しゃべることができたらいいのですが。

4年生ですから3年後以降は、生徒たちも中学生として沙漠に行く可能性はあります。

小学校のとき頭が沙漠化した団長さんの話を聞きました。それ以来沙漠に行くのが夢でした。  ナンチッテ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪雨被害お見舞い申し上げます

突発的な集中豪雨の経験は過去にもありました。
しかし1週間以上にわたり断続的波状的に豪雨が繰り返す、これは長らく田主丸町民であるわたしにも初めてです。

写真は筑後川の支流で田主丸町内を貫流する巨瀬川です。

普段はそうですね、実際に流れている川幅が20メートルぐらい深さで40cmか50cmの川ですが。

写真を撮ったときは、ピークを下がった状態なのですが、それでも怖さがあります。

田主丸の山もあちらこちらで土砂崩れが起きました。
公共施設へ避難されている方も相当数になります。わたしの母校、水縄小学校の体育館には近所の福祉施設の方々など100人を超える方が、仮住まいとなっています。

さまざまの被害箇所など復旧するにはかなりの時間がかかるでしょう。

Epsn0192  Epsn0193

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いま、われわれの植樹の現状

日本沙漠緑化実践協会の恩格貝現地スタッフの間瀬さんから久野事務局員あて送られてきた写真を公表します。

けっこう厳しい現実があります。

砂が大量に移動しているさまが、よくわかります。

だけど、めげへんで!

間瀬→久野 メールの一部も掲載します。

植林地:09年10年11年の現在の状況写真添付します。
07年08年の地面の固いところ、沙漠植物の多いところは難しいです。
昔の現場も毎年枯れ木が増えて行きます。

砂地、沙丘に植える場合に大切な事。
植えた後の流沙防止作業が必要です。たくさん植えるだけじゃ絶対ダメです。
昨年の現場でも流沙の為倒れて死んでいる苗がたくさんあります。
補植作業が大変ですよ。

クリックすれば拡大します。

Dsc_0225

Dsc_0226

Dsc_0228

Dsc_0229

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総会終了 ありがとうございました

総会は 6月30日午後5時からそよ風ホール第一研修室で開催しました。

出席者・委任状合わせて53。団員数の過半数を超えており成立しました。

1号議案から4号議案まで、真摯なご議論、質疑応答の結果、すべて原案通り可決承認いただきました。ありがとうございます。

当日、JR九州旅行から本年の沙漠ツアー参加者数は17人と発表がありましたが、7月5日現在18人となっています。

決算・活動計画・役員体制・予算の議案書は以下の通りです。クリックして拡大してください。後日ファイルをウェブページにアップします。

Ws0000001  Ws0000051

Ws0000062  Ws0000071

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総会前の草切

先週の土曜日 6月30日 総会に先立ち、鷹取山登山口・エグ水登り口の草切作業をしました。

登山される方々も標識・案内板が見やすくなったと思います。また、この地は福岡県から補助金を受けて整備した場所で、さまざまな木を植えているところでもあります。

以下、そのときの写真の一部です。

Epsn0185  Epsn0184

Epsn0187  Epsn0190

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »