« 夢のあとさき これも沙漠 | トップページ | 恩格貝 時の流れ »

次の人たち 中学生のファイト

今回参加した田主丸中学校の生徒内訳は、3年生♂1♀2 2年生♂2 1年生♂2 でありまして、その内3年生♀1年生♂1がリピーターです。

植樹地に着くまでは実質観光旅行の移動とさほど変わりません。ミニミニ修学旅行みたいなもので楽しそうでした。
食事もうまそうに食べていました。

Epsn0200

恩各貝に着きまして、沙漠ウォッチングに行きました。
もはや定番の行動です。そこに砂丘があれば、男の子は走り出して頂点を目指す。これは生理であり機能でありDNAの指令であります。

Epsn0243_2

その夜日本沙漠緑化実践協会の現地スタッフのリーダー間瀬さんから、沙漠講座をしていただき、神妙に聞いておりました。

Epsn0245

翌日から植樹作業となりました。

若いから体力はあります。回復力もすごい。ただし、肉体労働をあまりしませんし、スコップを使っての作業での「コツ」がよくわからなかったんじゃないでしょうか。
しかしのみこみが早い。お互いに微妙な競争意識もあったのでしょうが、目標本数を決めて、弱音は吐きませんでした。

Epsn0279  Epsn0282

まあ、「きつい」という言葉は再三彼らの口からもれたのですが、わたしが「あと2本ずつ頼む」とお願いするときっちり最後まで仕事をしてくれました。 今回の植樹が、彼らの中でどう定着するのかわたしにはわかりませんが、勉強やスポーツ以外での達成感というものもあるのだ、となればうれしいですね。 Epsn0244_2

|

« 夢のあとさき これも沙漠 | トップページ | 恩格貝 時の流れ »

かるかやレポート 2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次の人たち 中学生のファイト:

« 夢のあとさき これも沙漠 | トップページ | 恩格貝 時の流れ »