« Kurume こくさい Day 楽しかったですよ | トップページ | 追悼 桑原照英副団長 »

日中試論私論②

日本 日の本 ひのもと 

皆さんどう解釈されるでしょうか。太陽が昇る相対的位置関係。
ある地点を基準にして東方という意味でしょう。
つまりこの国の国号 日本 これは「中国東」という意味であります。

この国号が定まったのは7世紀後半というのが定説です。
中国大陸の強大な帝国に対し、ヤマト政権が小帝国として自立しようとした意志がこの国号にあるような気がします。
それまでは国号は倭でした。

この国とかの国は、過去も現在も未来も隣国どうしです。
日本という国号さえもその位置関係を基準に定められています。

あたり前のことで当然過ぎることなのですが、どちらかが引っ越してその関係にピリオドを打つことはできません。

そのときどきで、おろかな人物が政治指導者になることがありました。
そうした政治指導者の巧みな弁舌にあおられて、われわれが政治指導者に与する必要はありません。
内政の失政を外交関係の緊張に転化する、おろかな政治家の常套手段です。

われわれはこれからもずっとずっとつき合っていかなければならない。
ならば、戦争の準備をするより仲良しであるほうが、われわれの生活には幸いが多いはずです。

われわれは、
地球環境の問題として
三大植木生産地の矜持として
青少年の国際体験として
沙漠の植樹に取り組んでいますが、国際交流国際友好の場としても参加しています。

声高に叫びはしませんが、できる限り精一杯の仲良し関係をつくりたいですね。

|

« Kurume こくさい Day 楽しかったですよ | トップページ | 追悼 桑原照英副団長 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日中試論私論②:

« Kurume こくさい Day 楽しかったですよ | トップページ | 追悼 桑原照英副団長 »