« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

黄砂 PM2.5 花粉

一昨日と昨日(19日&20日)、久留米市内から田主丸への移動中、耳納(みのう)の山も朝倉の山もまったく見えませんでした。

黄砂がひどかったですね。PM2.5も飛来し、花粉はあふれる。

10年ぐらい前に、花粉症になりそうなことがあったのですが、それ以来そちら方面とは無縁でした。
ところが今年ですね、黄砂がひどい日は、涙目になります。ずっと涙が止まらないんです。

一昨日は特にひどく、昨日も泣きました。今日は、ごく軽症です。

気象庁のデータを見ると、一昨日、韓国はものすごい被害にあっているようです。
韓国政府の推計では年間の経済損失は3000~5000億円にもなるそうです。

対策は「沙(砂)漠化の防止」です。

農業生産などの経済活動に伴う人的要因と気候変動が重なって、砂漠化乾燥化が進みます。
農法の変更や沙漠緑化、こうした対策が重要です。

ただし地味で長期的な活動が進行する砂漠化乾燥化に追いつけない、これが実情でしょうね。

住民の生活スタイルを変える政策を強制することはむずかしい。その点、経済的うるおいがある緑化・開発を着眼した遠山先生の発想は、あらためてスゴイと思いませんか。

国家の存亡をかけた公共事業としての「沙(砂)漠化の防止」。

日中韓 東アジアの3国が、技術を結集して取り組む。壮大なスクラム。

未来のために。

戦争ごっこより夢と希望があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業式 (私儀ながら)

今週の月曜日小学校の卒業式が一斉に執り行われました。

ああわたくし、法務省や厚生労働省方面の委託公務員を一応やっていまして、卒業式とか入学式に来賓として呼ばれるわけです。

水縄(みのう)小学校はわたしの母校ですが、娘と息子も通っているわけです。

その娘が卒業式でした。6年間なんてあっという間ですね。

で、来賓席でぼんやりしていましたが、そのう、わたし、式の最後に本年度卒業生の保護者代表挨拶をやりました。

あれは、やはり、あでやかな衣装の母親が目元を押さえながらやるのが、こうジーンときますよね。
ツルピカはげまる君のわたしが、スタンドマイクを取っちゃって、カラオケ風にやることがよかったのかどうか。

父親がやったのはとりあえずはじめて(わたしの式参加の経験上)

うーん。

団長としてあれこれ話すときは、やはり、ツカミやネタが大切でして、本能的に笑いを取りたいという内なる欲求を抑えるのが、大変でした。

ま、娘もこれで田主丸中学校の生徒になるわけで、沙漠に連れて行くことができます。

いまやこの時期の定番

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理事会報告

本年最初の理事会を先週土曜日に開催しました。

出席 刈茅 福留 宮崎 石橋 野村 堀江 久野

久野事務局員からの提案を受け、検討した結果19次隊の日程を決めました。
その他、財政状況、本年の賛助金募集の件などを審議しました。

今年の新たなテーマは、

「日本の中学生と中国の中学生が共同で植樹作業をする」

ということであります。

団は九州は田主丸の小さな団体でありますが、背伸びをすることなくそれでもその力量に応じて、東京の中央政府の所作とは異なり、東シナ海の波が穏やかになることを願い、敢然と実行するのであります。

エヘン!

わが福岡県の案内標識では、日本語・英語・中文(中国語)・ハングル、この4か国語表示は普通のことです。

中国や韓国からはビジネス客・観光客・留学生が多数この地に来られます。
東京あたりとこちらではずいぶんと空気が違うのでしょう。

理事会後、恒例の宴をもちました。
途中から県議の中村顧問も参加いただきました。

あー、団のブログでは公開できない若干アブナイ発言をわたし個人的にいたしました。
世界的視野を青少年に提供とか、地球環境への植木苗木の町からの取り組みとか、日中友好へのささやかな市民レベルの活動とか・・・・・・

一所懸命なんだけれど、俺さ、ファイトしているんだけれど、・・・・・・

まあ、このへんで。

根比べならば負けません。独自隊でも19年目。そんなに長くトップにいた○○はこの国にはいませんからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »