« 沙漠植樹第20次九州田主丸隊報告会 | トップページ | 報告集②(岩佐さん) »

報告集①(麻生君)

 昨日、報告会後の交流会には、第20次隊に参加した中高生全員と保護者、団員、30人程出席して、第20次隊の活動の思い出話で盛り上がりました。

中高生は、その後の二次会に宮崎団長、刈茅前団長達と、カラオケにいったとか!

 今日から今年参加の中高生の感想文を一人ずつ掲載します(本人の了承済)。
まず1回目は、今回のリーダーを務めた麻生君のレポートです。
PDF ファイル
「pdf.pdf」をダウンロード


  中国と日本は仲がよくなる

     田主丸中学校二年  麻生 


 今回、中国砂漠緑化ボランティアという、とてもすごい活動に参加さ


せて頂きありがとうございました。



初めて、この活動を知った時は、とても楽しそうで、ただ単純に行って

みたいと思いました。でも中国だしな~。と思い少し迷いました。でも

親に相談したら

「行ってきなさい!絶対いい経験になるから!」と言われ行くことに決

めました。

そして、中国での砂漠緑化を終えて、僕は中国のイメージが、ものすご

く変わりました。

「水の中にいる魚の涙は、水の中に入らなくちゃ分からない。」

これは、宮崎団長が僕たちにくれた言葉です。僕は、この言葉を自分が

実際に観て感じないと、その人の気持ちは分からない。という風に聞こ

えました。そして、まさに砂漠緑化をする前の自分の事だと思いまし
た。

中国に行く前は、あまりいいイメージではなかったけど、実際に行って

みると、もちろん良いことばかりじゃなかったけど、優しい人がた

くさん居ました。だから、みんなの中国のイメージを変えたいです。そ

したらもっと中国と日本は、仲がよくなると思います!

Photo

|

« 沙漠植樹第20次九州田主丸隊報告会 | トップページ | 報告集②(岩佐さん) »

2015 第20次隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報告集①(麻生君):

« 沙漠植樹第20次九州田主丸隊報告会 | トップページ | 報告集②(岩佐さん) »