« 報告集④和仁あやねさん | トップページ | 和仁ひかりさんの作品 »

報告集⑤和仁ひかりさん

10月初旬に西日本新聞に各部門の入賞者が掲載された
第64回久留米市総合美術展の工芸部門で、特選に選ばれた和仁ひかりさんの作品が
今日から10月18日まで、久留米市野中町の石橋美術館に展示されています。

 
太宰府高校3年生の  和仁ひかりさんは、今回の第20次隊に参加者してくれて、その感想文にも環境問題と芸術について述べています。

このページをご覧の方は
是非、石橋美術館に足を運んで和仁さんの作品を鑑賞して下さい。

和仁ひかりさんの感想文
PDFファイル

「WaniHikari.pdf」をダウンロード


  『今の自分』

    太宰府高校三年  和仁 ひかり


 「やっぱり行きたい」

その気持ちは中学二年生の時からずっとあった。今、日中関係や中国の

ニュースを見るとあまりいいことは聞かない。だが、本当の中国を知る

ことは自分の目で見て体験することだと思った。私は、このボランティ

アで人生初めての沙漠へと足を踏み入れた。立っているだけで足をさら

さらとした砂に持って行かれ、山吹色の砂からなる山は風によってかた

ちを変えていく姿は自然が生きていることを肌で感じさせてくれた。


 植林作業は思っていた以上に辛く、掘った穴には、砂が落ちてくる。

そんな砂漠にも、植林ボランティアによって成長したポプラの木が立ち

並んでいる。夜には星が落ちてきそうなほどの満天の星空のもと、民家

訪問に行った。日本とは違い、冬はマイナス二十度にもなる土地にコン

クリートの家が建っているのである。中国の中でも北京のような都会は

生活が安定しいるが、地方はまだまだ生活の差がある。私は、高校で芸

術の勉強をしているが、絵を通して環境問題を題材にして作品制作をす

ることもあるが、やはり実際に体験したことを自分で考え作品にし伝え

ていけるようになりたい。またこのボランティアに行き、自分たちの植

えたポプラの木が成長する姿を見たい。

 今は、素晴らしい体験ができたこととお世話になった方々への感謝の

気持ちでいっぱいです。


画像はクリックすると拡大します
Dsc_0022 Photo

故宮博物院前で宮崎団長と記念撮影     特選受賞を掲載した西日本新聞

Img_0486
和仁姉妹(左奥がひかりさん?)、植樹もちゃんとしました。

|

« 報告集④和仁あやねさん | トップページ | 和仁ひかりさんの作品 »

2015 第20次隊」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます!!
今、2月9日~14日まで福岡県立美術館で卒業制作展があるのでそのための作品制作(浴衣)をしながらHPを見ています!
久留米市展の記事まであげてくださってありがとうございます
HPの写真を見ているとまた砂漠緑化ボランディアに行きたくなりました!!

投稿: 和仁ひかり | 2015年10月14日 (水) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125610/62048514

この記事へのトラックバック一覧です: 報告集⑤和仁ひかりさん:

« 報告集④和仁あやねさん | トップページ | 和仁ひかりさんの作品 »