« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

第21次隊 報告集 藤田純匡君

今回のレポートは、久留米市のおばあちゃんと一緒に参加した
藤田純匡君です。藤田君は今回、お母さんと叔母さんも参加、
家族4人で奮闘してくれました。

貴重な体験

中学1年生  藤田純匡

 

 今回、僕は日常では出来ないような体験を沢山しました。

例えば、砂漠での植林です。

 砂漠での植林は地元の中学生と共に、協力して行いました。砂漠の砂をスコップで掘った事が無かったので、とても難しかったです。でも苗木を植える度に達成感がありました。多分頑張ってやったから達成感を感じたのだと思います。砂漠を滑って遊んだ事も楽しかったです。

 そして、作業が終わった後に会議室で地元の中学生と質疑応答しました。

中国の中学校の1日の授業時間には昼休みが3時間あるという事、ランチは家に食べに帰るという事、7時から17時半まであるという事、そして部活は無いという事が大変驚きました。

 最終日の前日には、万里の長城の男坂を友達になった満生君と登りきれたのでとてもいい思い出になりました。

今回の旅で色々な事を学べたのでとても良かったです。

そして、僕はやっぱり日本が大好きだと思いました。


Photo    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第21次隊 報告集 満生大地くん

 中高生のレポートの第2回目は
19、20、21次隊と3年続けて参加してくれた
秋月中学校3年  満生大地君です。



中国砂漠植林ボランティアの旅『第21 九州田主丸隊』

 

 秋月中学校3年  満生 大地

 

 僕は、今回3回目で、子供の中で一番多く中国の沙漠植林に行って、一番多くのポプラの苗木を植えました。植林1日目は、二十五本を植えて、2日目に六本植えて合計三十一本植えて一番になりました。
 旅程は一週間6泊7日で、そのうち2日目間が、植林でした。あとの5日間は、日本から中国へ行きました。1日目は、午後から中国北京へ行く途中に大連へ行きそこから北京へ行き1日目は終了しました。
 2日目は北京市内を観光し、一カ所は故宮と言うところに行きました。とても広く歩き疲れました。3日目の午後に夜行列車に乗り4日目の朝に「植林地クブチ砂漠恩格貝」近くの包頭駅降りました。その日の午後に沙漠ウォッチングをしていろいろな植物の名前や生き物のフンの説明してもらいました。
 5日目から2日間植林し三十一本植えて一番になり嬉しかったです。7日目に観光して万里の長城に行き、帰国しました。本当に楽しい一週間でした。
次からは高校生なので行かないと思います。



Img_0796 Img_0819

昨年植えた記念のポプラと             中国の中学生と交流会




| | コメント (0) | トラックバック (0)

第21次隊 報告集 末安 抄羽さん

今日から、何回かに分けて今年度(第21次)沙漠植樹に参加してくれた
中高生のレポートを掲載します。

まず、広川町の高校3年生末安 抄羽さんのレポートを紹介します。


                「7日間」

                                                                     末安 抄羽 

 駅で見つけた、「中国砂漠植林ボランティアの旅」のパンフレット。それを手にとり、そ
して思いついた。これなら、内申書にある空欄だった校外活動の枠が埋まる、と。動機はあ
まり褒められたものではないが母に参加の旨を伝えると「あなたが行きたいのならいいん
じゃない」と快く返事をくれた。家族は私一人で参加することに抵抗があるようだったが誰
も「一緒に行く。」とは言わなかった。
 7日間で私は色々なことを学んだ。北京観光では歴代王朝の権力の強大さを示す遺跡の
数々、先進国の仲間入りを果たした中国の光と影。植林活動では砂漠緑化に尽力している
人々の粘り強さ。遠山先生の「やれば出来る。やらなければ何も出来ない。」という言葉の
重みがひしひしと、スコップを持った私の手に伝わってきた。
 日本人にも中国が好きな人、嫌いな人、興味がない人など、色々な考えを持っている人が
いる。では嫌いな人を排除し、興味のない人には親中の考えをぶつければ、両国の関係は改
善するのか、いやそうではない。一様な考えほどつまらなく危険なものはない。せっかく私
たちの暮らしは豊かになったのだから心ももっと豊かになれるはずである。様々な思いを発
信し受信し合うことが平和な世界にもつながるのではないだろうか。
「やれば出来る。やらなければ何も出来ない。」
遠山先生の言葉を胸に、まずは家族に発信する。


Dscf9886




| | コメント (0) | トラックバック (0)

第20次隊員 和仁にひかりさん

衆議院福岡6区の補欠選(10月23日投開票)が告示され

選挙戦がスタートしました。
新聞各紙も有権者を取材し、色んな意見を載せています。
その中で、読売新聞が昨日12日朝刊に

第20次隊員 和仁にひかりさん
へのインタビュー記事を取り上げていましたので紹介します。
国際協力の必要な事にも触れてくれてます、さすが



Photo

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久留米国際Dayでパネル展示

10月1日(土)、久留米市の六角堂広場で開催された
久留米国際Dayでパネル展示を行いました。
今年派遣した第21次九州田主丸隊の写真パネルも新しく作成し展示。
 あいにくの雨で蒸し暑い会場でしたが、多くの市民の方々が訪れ、興味もって
私達に多くの質問をしてくれました。

同時に花の苗(ナデシコ) 約300ポットを無料配布しました。

Img_0662 Img_0653_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »