ご案内ご報告

耳納の市2018

1117日、18日の両日に、福岡県緑化センター(久留米市田主丸町)に於いて

「未納の市」が開催されました。私たち「緑の応援団」も、砂漠緑化活動の

パネル展示をしながら物品販売をしました。


 今年度は、団長と副団長が苦労して仕上げた銀杏、団員から届けられた衣類、

また昨年22次隊に参加した中学生のご両親が生産して届けて頂いた田主丸町特産の柿の販売をしました。

 今回は、今年度参加した23次隊隊員方々が、遠方より参加していただき、

物品販売を手伝って下さいました。

ありがとうございました。


1971_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年耳納の市

今年も、11月17日(土)・18日(日)。
久留米市田主丸町の「福岡県緑化センター」を会場にして

「第34回 耳納の市」
                      が開催されます。
私達、田主丸町緑の応援団も出店します。
第23次中国沙漠植林隊の写真パネルも展示しますので、
是非、足を運んでください。


_1961_2 Img_1960

| | コメント (0) | トラックバック (0)

23次隊報告集

「沙漠植樹第23次九州田主丸隊」の報告集が出来上がりました。

今日は、団長のレポートを紹介します。

「歴史の歯車を回し続ける」

団長  宮崎 吉裕

 

 19回目の参加となりました。

今回の旅は、いくつかの課題が見つかりました。

課題には物事を発展させるための課題と、後退したがために元に戻す必要から
生じる課題があると考えます。

 今回の課題は、後者の方でその一つは看板の盗難です。

今日まで「九州・田主丸の森」と言うメイン看板を2ヶ所設置していました。
その一つ「九州・田主丸の森(游和)」は昨年なくなっていました。昨年は
(もう一つあるから良いか)と考えていましたが、今年は残っていたその
看板「九州・田主丸の森(心優)」もなくなっていました。つまり現地で
作ってくれた看板は何十個もありますが、簡易な物でいつか朽ちていく物です。
二つのメイン看板はアルミ製で日本から持ち込み、現地でボルト、ナット、
コンクリートを使い組み立てた物でした。(游和)は道路側にあり、今回
なくなった(心優)は道路から200M程内部にありました。これで私たち
のメイン看板がなくなってしまいました。この沙漠植樹を初期の段階から
今日まで一番長く続けている団体を自負している者としては、非常に残念
に思います。私たちよりも歴史の浅い団体でも石に刻んだ立派な石碑を
建てています。メイン看板だけは何とか再建したいと考えます。しかし
その費用、業者選び、材料選び、設置場所と発注を考える時、日本にいる
我われとしては大変面倒な課題です。原因はわかりませんが、アルミが
欲しかったのではないかと推測されますので、今後は石碑で再建したい
と思います。どこにでも心ない人はいるものです。

 二つ目の課題は、今年植えたポプラの苗が非常に悪かった事です。
長さがバラバラで短い物は1.3Mしかない物も多数ありました。1M掘って
植えると地上部には30㎝程しか出ていません。これは砂の移動によっては
すぐに埋まってしまいます。根を見ても短い物や根の数が少ない物が多数
ありました。最も悪い物を10本程排除しました。本当は50本程排除したい
と思いましたが、せっかくのポプラの苗ですから植えてしまいました。結果、
植樹本数が690本というハンパな数となりました。現地生産者への掘り方も
含めた生産指導も必要と考えます。

 三つ目の課題は、日本沙漠緑化実践協会の現地スタッフを充実する必要性
を感じました。本年、間瀬君の後に長期滞在していた小川さんが来年もいるのか、
本年より現地所長になったナーランさんが所長たる仕事が出来ているのか。
来年以降が確立されていない事です。

 以上の三つの課題は後退したがための課題です。

冒頭に書いた発展させるための課題ではなく後退したがために生じた課題を
強く感じた旅でした。いずれにしても我われは坦々と前に進みます。

歴史の歯車は我われが回します。



Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018KurumeこくさいDay

9月29日(土)、久留米市の久留米シティプラザ六角堂広場にて、
私たち田主丸町緑の応援団も加わる実行委員会が、主催する国際イベント

「2018KurumeこくさいDay」

が開催されました。

田主丸町緑の応援団は、砂漠緑化事業の写真パネルを展示したテントの中で、
日本的な遊びをと、実行委員会からの要請があった「ヨーヨー釣りと、スーパーボウルすくい」を行いました。


Img_1925 Img_1920_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第23隊報告会とぶどう狩り

9月8日土曜日、12時30分から

JAにじグリーンパレス田主丸に於いて
今年度の沙漠緑化に参加した中・高生の派遣に多大なご支援をいただいた
中華人民共和国駐福岡総領事館から何振良 総領事をはじめ多くの方々をお迎えして

「中国沙漠植林ボランティアの旅」第23次九州田主丸隊の報告会を
開催しました。

報告会前の午前中には、23次隊隊員と総領事館の皆様に、
小雨の中、ぶどう狩りを楽しんで頂きました。

Dsc_5011


Dsc_5003



Dsc_5013

何振良総領事と23次隊隊員の記念撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

23次隊7日目(最終日)

中国沙漠植林ボランティアの旅 第23次九州田主丸隊の活動も最終日です。


本日の予定は、
  北京のホテルにて朝食後、空港へ。
  北京発中国国際航空(CA)953便にて空路大連経由にて福岡へ。

  14:10  福岡国際空港着 予定です。



昨夜のサヨナラ夕食会の画像が届きました。
IpgPhoto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

23次隊6日目

今回の砂漠植林ボランティアの旅も、残り2日。

参加した隊員は、貴重な体験を続けていると思います。

特に、隊員の中でも、9名の中・高生には一生忘れらない記憶に残るものとなるでしょう。
今日の予定は、
   包頭から国内線で空路、北京へ。
   北京到着後、世界遺産万里の長城等を見学。
   夕食は北京ダックでお別れ会。  北京泊。





現地時間(日本時間?)  12:31
松本氏(JR九州旅行)のコメント
  包頭を発ち、無事に北京に到着しました。
  バスで万里の長城方面へ向かいます。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

23次隊5日目②

松本(JR九州)氏から画像が届きました。
とりあえず掲載します。
松本氏のコメント
無事に690本の植林と砂止め作業が終了しました。
現地時間17:00にホテルを出発し、包頭に向かいます。
Photo_2 256

I66 Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

23次隊5日目

8月21日。

今日も1日植樹作業が続きます。

23次隊の皆さん、頑張ってください。


昨夜の民家訪問の画像が届いています。

Photo 9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

23次隊4日目③

23次隊の植林作業の画像が届きました。

Photo_2 Photo_3


Photo_4 Photo_5


Photo_7 Photo_9




Photo_11



後2枚は日中  中・高生の意見交換会・交流会の画像です。
Photo_12

Photo_13



























(画像はクリックすると拡大します)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧