緑の応援団の資料・連絡先はここです

1992年 最初のひとりが中華人民共和国の内モンゴル自治区・クブチ沙漠へなにもわからないまま旅立ちました。

その一歩はいまもつづくわたしたちの旅の始まりでした。

いつ果てることもないわたしたちの旅に あなたもいつの日か とお誘いします。

どうか ごいっしょに。

2015年第20次隊の記事はこちらです。

2014年第19次隊の記事はこちらです。

2013年第18次隊の記事はこちらです。

2012年第17次隊の記事はこちらです。

2011年第16次隊の記事はこちらです。

2010年第15次隊の記事はこちらです。

2009年第14次隊の記事はこちらです。

緑の応援団の簡単な歴史です。「rekisi_2014.doc」をダウンロード

植樹現地 恩格貝(オンカクバイ)の位置図や航空写真です。黄色のポインターは、右から福岡・大連・北京・恩格貝となります。
青色のポインターは現地の賓館(ホテル)の場所です。

Photo  Photo_2

Photo_3  Photo_4

田主丸町緑の応援団の定款です。

2012年沙漠ツアーの隊長報告記事

沙漠の植樹活動ってどういうこと、興味をもたれた方は以下の記事をクリックしてください。

This is 沙漠ツアー ダイ! その① 洗濯機は幸運なのだ

This is 沙漠ツアー ダイ! その② 田主丸の男の活用法

This is 沙漠ツアー ダイ! その③ アイスビール

This is 沙漠ツアー ダイ! その④ オッ!ぼくの名が石に

高松さんの沙漠日記 一日目

高松さんの沙漠日記 二日目

高松さんの沙漠日記 三日目

高松さんの沙漠日記 四日目

高松さんの沙漠日記 五日目

高松さんの沙漠日記 六日目

Dscf9471


この写真は2014年日中中学生の共同植樹に参加した中学生たちです。

田主丸町緑の応援団とはどんな団体か。西日本新聞社の1面コラム『春秋』に取り上げられました。

こちらです。

わたしたちは中高生の沙漠派遣に取り組んでいます。保護者の方の負担をなるべく軽くしたいと考えます。
趣旨にご賛同いただける方のご支援を心からお願いいたします。

中学生派遣にあたり約19万円の費用が掛かります。保護者負担を4万円とし15万円を団が賛助金などを集めて補助しています。

福岡銀行 田主丸支店 普通口座№875315 NPO法人 田主丸町緑の応援団 代表理事 石橋俊一